FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「すごい数のドロイドだな」
「ドロイド工場ですからね」
アナキン・スカイウォーカールミナーラ・アンドゥリ[出典]

ジオノーシス主要ドロイド工場クローン戦争の序盤にジオノージアン分離主義勢力によって建造された。大量のバトル・ドロイドに加え、新型兵器スーパー・タンクもこの工場で開発された。主要ドロイド工場第二次ジオノーシスの戦い共和国グランド・アーミーの標的になり、ジェダイパダワンアソーカ・タノバリス・オフィーによって爆破された。

歴史

惑星ジオノーシスジオノージアンクローン戦争初戦で敗北したが、銀河共和国の手綱が緩んだ隙を付いて反旗を翻し、惑星から共和国軍を一掃した。ジオノージアンのポグル・ザ・レッサー大公インターギャラクティック銀行グループの資金援助を受けて新しいドロイド工場を建設し、バトル・ドロイドや新型兵器スーパー・タンクの製造を開始した。パドメ・アミダラ元老院議員の働きで新ドロイド工場の存在を知った共和国は、ジオノーシスの再征服作戦を開始し、第二次ジオノーシスの戦いが勃発した。戦いの序盤、ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーキ=アディ=ムンディは激しい対空砲火をかいくぐって“ポイント・レイン”に集結し、ドロイド工場を守るレイ・シールド発生装置を破壊した。

Foundry destroyed

ドロイド工場の最期

その後、スカイウォーカーとルミナーラ・アンドゥリ将軍の部隊がドロイド工場への直接攻撃を行った。工場の指揮官であるTシリーズ・タクティカル・ドロイドTX-21はバトル・ドロイドや完成したばかりのスーパー・タンクで共和国軍を迎え撃ったが、本隊が工場の正面入り口で戦っているあいだに、ジェダイパダワンアソーカ・タノバリス・オフィー地下墓地から工場内部に潜入していた。彼女たちはTX-21に見つかってサーマル・デトネーターを奪われたが、スーパー・タンクを乗っ取って反応炉を破壊し、ドロイド工場を瓦礫に変えた。

登場エピソード

参考資料