Fandom

Wookieepedia

ジオノーシスの戦い

9,734このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
類似した名称の記事はジオノーシスの戦い(曖昧さ回避)を参照
「これは始まりに過ぎん!」
ドゥークー伯爵[出典]

ジオノーシスの戦い(Battle of Geonosis)は、第一次ジオノーシスの戦い(First Battle of Geonosis)とも呼ばれるクローン戦争の最初の戦闘である。ヤヴィンの戦いの22前に、銀河共和国グランド・アーミー独立星系連合ドロイド軍惑星ジオノーシスで争った。この戦いは、ドゥークー伯爵が扇動した分離主義運動の結果として発生した。

クローン・トルーパーが初めて実戦に投入されたこの戦いにおいて共和国は戦術的勝利を収めたが、これにより勃発したクローン戦争は、ドゥークーとシーヴ・パルパティーン最高議長という2人のシスの暗黒卿によって計画された壮大な深謀遠慮だった。ジオノーシスの戦いの後、シス卿は3年間続いた戦争を利用して権力を増大させていった。

背景

分離主義運動

Blue Glass Arrow.svg 詳細は分離主義危機を参照

ヤヴィンの戦いの22前、銀河共和国は危機のさなかにあった。ナブーの侵略事件以降、社会的不公平や貿易不公正が原因で、何百という宙域が共和国からの離脱を宣言し、局地的な小競り合いが日常茶飯事になっていた。そんな中、ジェダイ・オーダーの脱退者であるドゥークー伯爵が台頭し、ラクサス星系ホロネット基地を乗っ取って共和国を非難する扇動的スピーチを行った。共和国に不満を抱えていた多くの宙域がドゥークーの分離主義運動に加わり、独立星系連合(分離主義勢力)が形成された。[1] 星系や宙域のみならず、トレード・フェデレーションコーポレート・アライアンステクノ・ユニオンコマース・ギルドインターギャラクティック銀行グループといった複合企業がドゥークーに組した。[2]

この危機を受け、共和国の銀河元老院では軍隊創設法案の必要性が話し合われた。軍隊創設法案の投票日、ナブー代表のパドメ・アミダラ元老院議員が反対票を投じるためコルサントに到着した際、暗殺未遂事件が発生した。ジェダイ・オーダーは、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービと、彼のパダワンであるアナキン・スカイウォーカーをアミダラ議員の護衛に割り当てた。ケノービは、何者かが暗殺者の口封じに使用した毒矢を手掛かりに、黒幕の捜査を開始した。一方、スカイウォーカーは故郷ナブーに戻るアミダラ議員に同行した。[2]

クローン軍団の発見

友人のデクスター・ジェットスターから毒矢の出所がカミーノであることを教えられたケノービだったが、この惑星に関する情報はジェダイ・アーカイブから削除されていた。直接現地に赴いたケノービは、この惑星で共和国のためのクローン・トルーパー軍団が製造されていることを知った。カミーノアンラマ・スー首相は、クローン軍団の発注元がジェダイ・マスターサイフォ=ディアスであることをケノービに教えた。カミーノ滞在中、ケノービはクローン軍団の遺伝子提供者で、賞金稼ぎジャンゴ・フェットと対面する。ジェダイ評議会はフェットを捕まえるようケノービに指示したが、この賞金稼ぎは宇宙船スレーヴI>でカミーノから逃げ出した。[2]

ケノービはフェットを追跡し、惑星ジオノーシスにたどり着いた。ケノービは小惑星地帯のドッグファイトを生き延び、砂漠の惑星の地表に降りた。ジオノージアンの建物に潜入したケノービは、そこで行われていた分義主義者の幹部たちの会合を目撃する。ケノービは、トレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイがアミダラ議員暗殺未遂事件の黒幕だったことを知った。彼は新事実をジェダイ評議会に報告したが、通信中にドロイデカに襲撃され、捕えられてしまった。この通信は、惑星タトゥイーンにいたアミダラ議員の宇宙船によって中継されていた。アミダラとスカイウォーカー(彼は故郷であるタトゥイーンで、母親救出に失敗していた)は、ケノービの危機を知ってジオノーシスに向かった。一方、ドゥークーは捕えられたケノービのもとを訪れ、彼を味方に付けようとしたが、失敗に終わる。[2]

スカイウォーカーとアミダラは、ケノービを救出するためジオノーシスに駆け付けたが、大量のバトル・ドロイドを製造するドロイド工場で分離主義勢力に捕えられてしまった。ふたりは死刑を宣告され、、ペトラナキ・アリーナでケノービと共に処刑されることになった。処刑にはアクレイネクスーリークといった猛獣が使われ、ケノービ、スカイウォーカー、アミダラは処刑アリーナの中心に立つ柱に鎖で繋がれた。彼らは猛獣の攻撃を何とかかわし、しばらくの間持ちこたえた。[2]

共和国軍の誕生

一方、分離主義勢力の陰謀に関するケノービの報告を受け、銀河元老院では会議が開かれていた。ナブーの準惑星代表、ジャー・ジャー・ビンクスは、この危機に対処するため、最高議長パルパティーンに“非常時大権”を与えてはどうかと提案し、受け入れられた。パルパティーンは与えられたばかりの権利を行使し、共和国グランド・アーミーを設立する。パルパティーンが軍隊の創設を宣言した直後、ジェダイのグランド・マスターヨーダは、発見されたばかりのクローン軍団を使うためカミーノに向かった。一方、ジェダイ・マスター・メイス・ウィンドゥはジェダイの攻撃チームを組織し、ケノービたちを救出するためジオノーシスに向かった。[2]

戦闘

ジェダイの介入

Wiki-shrinkable.pngこのセクションの編集は不完全です。記事の編集が求められます。

ドゥークーとの対決

その後

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki