FANDOM


ジェローン・ウェッブ[1](Jeroen Webb)はコア・ワールド惑星ラルティア出身の人間男性である。銀河帝国0 BBYに彼の故郷征服すると、ウェッブはラルティアで活動する地下組織スパイとして活躍した。親友のファール・マクウォーリーがラルティアで陽動攻撃を実行した際、ウェッブはその手助けをした。この陽動作戦のおかげで、反乱同盟軍プリンセスレイア・オーガナは帝国の初代デス・スターバトルステーションの情報を仲間に渡すことに成功し、結果的にヤヴィンの戦いデス・スターは滅ぼされることになった。それから3後の3 ABY、ウェッブは氷の惑星ホスに建てられた反乱軍秘密基地、エコー基地で再びマクウォーリーとともに活動した。

経歴

ジェローン・ウェッブは、コア・ワールド惑星ラルティア出身の人間男性である。ヤヴィンの戦い直前の0 BBY銀河帝国によって故郷ラルティアが征服された後、ウェッブは地元の地下組織に加わり、スパイとして帝国の支配活動に対する抵抗運動に貢献した。ウェッブの親友、ファール・マクウォーリーは、反乱同盟に助力を求めるため、ラルティアを離れた。その直後、ウェッブの地下組織は、偶然にも帝国の新型超兵器初代デス・スターバトルステーションに関する情報を手に入れる。ウェッブは、マクウォーリーが帝国による封鎖を通過し、密かにラルティアに帰還する手伝いをした。マクウォーリーは、プリンセスレイア・オーガナや反乱軍へとデス・スターの情報を流すため、ラルティアの反乱組織を率いて陽動攻撃を行うことになった。ウェッブの協力のおかげもあり、反乱軍はバトルステーションの完全な技術計画書入手することが出来た。続いて行われたスカイフック作戦によって、初代デス・スターはヤヴィンの戦いで破壊されることになった。

3 ABY、ウェッブは同盟軍最高司令部の本拠地が置かれていた惑星ホスエコー基地で、再びマクウォーリーとともに活動していた。彼の友人は、基地の司令官カーリスト・ライカン将軍に次ぐ副司令官になっていた。エコー基地において、ウェッブは反乱軍のトーントーン・ハンドラーのひとりになった。ホスの戦いの直前、ルーク・スカイウォーカー中佐がエコー基地周辺の偵察任務の途中で行方不明になった夜、ジェローン・ウェッブは基地のトーントーン厩舎にいた。ウェッブは反乱軍の傭兵ハン・ソロティグラン・ジャミロ大佐の警告を無視し、自身のトーントーンに乗ってスカイウォーカーの捜索に向かう場面を目撃する。

個性と特徴

反乱同盟軍に加盟したとき、ジェローン・ウェッブは熟練したスターシップパイロットだった。彼はまた、同じくラルティーリで、帝国による惑星支配が行われる前には軍事顧問として尊敬を集めていたファール・マクウォーリーの親友だった。ウェッブの眼は青く、明るい色の肌をしていた。

制作の舞台裏

ジェローン・ウェッブは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』に登場したキャラクターである。イギリス人の俳優、ノーウィッチ・ダフが演じた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki