FANDOM


「サバックの大きな賭けで、デッキにスキフターを仕込んだ」
―ジェミブ・ガンブの手配書に載せられた罪状[出典]

ジェミブ・ガンブ[2](J'Meeb Gumb)は男性ギュイネオで、銀河共和国の後に活動した犯罪者である。32 BBY、ガンブは共和国の首都惑星であるコルサント工業区画で、ホッグ・ナーフ工業社に務め、働いていた。この会社は、表向きにはナーフの加工工場を装いながら、デス・スティックをばらまいていた。当時、ガンブはサバックの大きな試合でデッキの中にスキフターを仕込むといういかさま行為をしたために、匿名の人物によってその首に賞金を懸けられていた。マンダロリアン賞金稼ぎジャンゴ・フェットは、秘密の犯罪組織バンド・ゴラのリーダー、コマリ・ヴォサの情報を求めてホッグ・ナーフ工業社に潜入した際に、ガンブの首にかかっていた賞金を手に入れた。

経歴

男性ギュイネオ、ジェミーブ・ガンブは、銀河共和国の末期である32 BBY当時に活動していた犯罪者だった。ナブーの侵略が勃発した時代、ガンブはホッグ・ナーフ工業社で働いていた。グロフ・ホッグとして知られる人物が所有するこの会社は、ナーフの精肉会社を装いながら、デス・スティックを世の中にばらまいていた。工業社の工場施設は、共和国の首都惑星コルサント工業区画に置かれていた。ホッグ・ナーフ工業社で働いていたとき、ガンブはサバックの大きな賭け試合の中でスキフターをデッキに忍ばせるといういかさま行為をしたために、その首に賞金を懸けられてしまった。匿名の人物は、ガンブを生け捕りにすればAurebeshSans-Serif credit2,500、殺害すればAurebeshSans-Serif credit1,250を支払うという条件で彼を手配していた。ガンブの賞金首リストには、彼がコルサント歓楽街で最後に目撃されたという情報が載せられていた。同年、マンダロリアン賞金稼ぎジャンゴ・フェットは、巨大なデス・スティック・ビジネスの裏に存在すると言われる秘密の犯罪組織バンド・ゴラのリーダー、コマリ・ヴォサの首にかかったAurebeshSans-Serif credit5,000,000の賞金を求め、ホッグ・ナーフ工業社へと潜入した。[1]

ホッグ・ナーフ工業社に潜入したジャンゴ・フェットは、ガンブを生け捕りにし、このギュイネオの首に懸けられていた賞金を手に入れた。

個性と特徴

Andthenasteptotheri-i-i-ight

ジェミブ・ガンブ

多くのギュイネオと同様、ジェミブ・ガンブにはの毛がなく、淡い黄色の肌をしており、身長は2メートル以上あった。彼はサバックの試合で、スキフターの助けを借りていかさま行為をすることが出来たが、結局それが原因で賞金を懸けられることになってしまった。ガンブはブラスターの扱いにも若干の知識があった。

装備

ホッグ・ナーフ工業社で働いていたとき、ジェミブ・ガンブは赤いエネルギー・ボルトを発射するブラスターを携帯していた。彼は正面に灰色のプレートが取り付けられた黄色のジャンプスーツを着込み、背中には銀色のふたつのタンクを背負っていた。タンクからはそれぞれチューブが伸び、スーツの正面部分と繋がっていた。彼が着たジャンプスーツは袖と襟の周りに白いストライプ模様があった。ガンブはライトグレーのグローブと、より濃い灰色のブーツを履いていた。さらに、ガンブは灰色のゴーグルを身に着けていた。

制作の舞台裏

ジェミブ・ガンブはルーカスアーツ2002年に発売したビデオゲーム、『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』に登場したキャラクターである。ゲームの発売に先立ち、彼に関する記事がゲームの攻略本である『Bounty Hunter: Prima's Official Strategy Guide』(未邦訳)に載せられた。ガンブは、ゲームの第2章「上流階級の実態」の第2ステージ、「工業区画」に登場する5人の賞金首のうちのひとりである。プレイヤーはガンブの存在を無視することも可能であり、捕獲したり殺害すれば賞金を手にすることが出来る。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki