FANDOM


Atticon

この記事の訳語は公式表記ではない可能性があります。

公式表記が確認された場合、出典の明記や記事名の変更が求まれます。

Taris theater

マンダロア戦争時の防衛線(赤線)

ジェブル=ヴァンクオ=ターニス線Jebble-Vanquo-Tarnith line)は、アウター・リム・テリトリーに存在した銀河共和国マンダロリアン・ネオ=クルセイダーの境界線。3966 BBYに形成されたこの非常線は、惑星タリスを防衛するよう、ローサン・インダストリーズ社が共和国に働きかけたことがきっかけで生まれたと思われる。

この非常線はタリス、ジェブルヴァンクオターニスといった惑星の付近にあった。共和国宇宙軍ソール・カラス大佐ジマス・ヴェルトラ提督が、このラインの防衛を任されていた。3964 BBY、ジェブル=ヴァンクオ=ターニス線で一連の戦闘が行われた。

戦闘

登場作品

  • The Taris Holofeed: Prime Edition (初言及)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Flashpoint (初登場)
  • The Admiral's List: Jimas Veltraa Memorial Edition
  • The Taris Holofeed: Siege Edition

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki