FANDOM


「わたしはジェナリスで育った。両親はアトリヴィス川の流れの速い支流沿いにある牧場で、野生動物公園を経営していた……うちの牧場を訪れるのは、怖い目や危険な目に遭わずに未開の自然を体験したいという裕福な人々で、わたしたち子供にとっては、これは昼夜を問わず、ゲストの必要に応えることを意味していた。子供連れのゲストの数は増える一方で、両親が釣りや狩りや、ハイキング、急速渡りを楽しんでいる間、わたしは子供たちの面倒を見た・・・…彼らからミッド・リムやアウター・リムにある惑星の、すばらしい話を聞いて、そのうちジェナリスを出たいという気持ちは高まるばかりだった」
ヴィスタル・パーン[出典]

ジェナリス[1]Generis)はアウター・リム・テリトリーアトリヴィス宙域ジェナリス星系に存在した高重力惑星である。地形は起伏が多く、草原と広大なジャングルによって覆われていた。ジェナリスの環境は美しく、未開の自然を体験したがる旅行者たちをひきつけた。銀河共和国の誕生以前、銀河系規模の国家無限帝国を創始したラカタがジェナリスに住みついた。ラカタン社会はやがて崩壊し、彼らの寺院は惑星の各地に取り残された。その後、同星系にあるアトリヴィス7と同様、ジェナリスにも人間やその他の種族の人々による入植が行われた。

クローン大戦中、ジェナリスは分離主義勢力の領域に属していたが、中立を保っていた。銀河内戦では、銀河帝国への抵抗勢力の拠点となった。アトリヴィス宙域の抵抗軍は、ジェナリスの軌道中央基地を設置し、やがて共和国再建のための同盟協定を結んで共闘することになった。協定に基づき、惑星にはアウター・リム通信センターが建設され、小規模なスターファイター部隊によって防衛された。ジェナリスは同盟軍にとっての戦略的要衝となり、ここでアトリヴィス宙域全体の軍事調整が行われた。反乱同盟に代わり新共和国が誕生した後、スローン大提督が引き起こした軍事作戦で、ジェナリスは陥落した。新共和国は最終的にジェナリスの奪回に成功したが、この星はユージャン・ヴォング戦争で再び戦場になった。銀河系の征服を企む外銀河種族ユージャン・ヴォングは、ジェナリスの地表のほとんどを破壊したが、最終的に銀河同盟によって破られ、ジェナリスの通信センターも操業を再開した。

登場作品

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』ではジェネリスと表記されている。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『ミレニアム・ファルコン』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki