FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ジェック・トーノ・ポーキンス[1](Jek Tono Porkins)は惑星ベスティンIV出身の貿易業者でパイロット。彼は他のベスティンの住民たちと同様、銀河帝国がこの星を新しい軍事施設の用地に選んだとき、故郷を去っている。帝国への復讐の機会を求めたトーノ・ポーキンスは、共和国再建のための同盟に加わって帝国と戦う道を選んだ。そして彼はティアフォン反乱軍基地に配属され、ティアフォン・イエロー・エースのパイロットたちを訓練する役目を与えられる。ポーキンスはその低い高度で機銃掃射して飛行するテクニックと丸々とした体格から、ベリー・ランナー(Belly Runner)、あるいはピギー[2](Piggy)のニックネームで呼ばれるようになる。帝国の初代デス・スターが完成した後、イエロー・エースは完全な活動状態に入り、他の反乱軍基地で不足していたパイロットを満たすためにそれぞれ移籍させられる。ポーキンスの親友だったウェス・ジャンセンヘスケン熱という病気に侵されていたとき、ポーキンスは彼の代わりにレッド中隊のメンバーとなり、衛星ヤヴィン4グレート・テンプルからの指示を受け出撃することになる。

ポーキンスはすぐにレッド中隊との最初の任務に参加することになり、惑星コメナー密輸業者ネラ・ダンテルスから多くのアストロメク・ドロイドを回収するため、ビッグズ・ダークライターウェッジ・アンティリーズセシ・アイリスとともに働いた。この部隊は帝国の超兵器デス・スターがヤヴィン星系に到着する直前にヤヴィン4へと戻った。デス・スターはヤヴィン4を破壊するため移動を始める。ポーキンスはヤヴィンの戦いで、レッド6として出撃し、戦闘の序盤、同盟軍の同志たちをその機銃掃射の技術で補佐した。しかし、彼のT-65 Xウイング・スターファイターは残骸とぶつかって複数の装置とコンピューターに損傷を追ってしまった。ポーキンスは敵のターボレーザー砲を受けて戦死する。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。(ポーキンスの項目)
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。