FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ジェック・トーノ・ポーキンス(Jek Tono Porkins)は惑星ベスティン出身の人間男性で、共和国再建のための同盟に仕えたスターファイターパイロットである。もともと商人だったが、銀河帝国がベスティンに基地を設置したときに故郷を捨て、同盟軍スターファイター部隊の一員となる。スカリフの戦い以前、ポーキンスはティアフォン発進基地で活動するティアフォン・イエロー・エース中隊に在籍し、ザル・ディネスのウイングメイトを務めていた。0 BBY帝国軍のパトロール部隊が発進基地を攻撃し、イエロー・エースは活動停止を余儀なくされる。ポーキンスとディネスはともに衛星ヤヴィン4ベース・ワン基地に配置替えとなり、T-65B Xウイング・スターファイターから成るレッド中隊に加わった。

同じ年、同盟軍ローグ・ワン分隊超兵器デス・スター設計図を手に入れるため惑星スカリフに潜入し、スカリフの戦いが勃発した。レッド中隊はラダス提督率いる援軍の一員としてスカリフ上空に駆け付け、ポーキンスもコールサイン・“レッド6”として戦いに参加する。艦隊が設計図を獲得した後、ポーキンスたちはスカリフから撤退し、ヤヴィン4に帰還した。それから間もなく、同盟軍は設計図を解析して超兵器の弱点を突き止め、ヤヴィン星系に現れたデス・スターとの決戦に臨む。戦闘中、ポーキンスのXウイングはバトル・ステーションの破片とぶつかってコンピューターと機械類が故障し、操縦不能に陥った。ポーキンスは仲間のビッグズ・ダークライターから緊急脱出を促されたが、返事を言い終える暇もなくターボレーザーによって撃墜されてしまう。

銀河内戦が終結して新共和国の時代が始まった後も、ポーキンスの名前はパイロットたちの記憶に残っていた。レジスタンスは帝国との戦いで活躍した英雄に敬意を表し、スターファイター戦術のひとつにポーキンス・ベリー・ランという名前を付けていた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。