FANDOM


ジェダイ盟約[1]Jedi Covenant)は、旧シス戦争の時代に活動したジェダイの秘密組織。シス大戦が終結した後、ジェダイ・マスタークリンダ・ドレイによって設立され、惑星コルサントドレイ邸を本拠地としていた。クリンダ・ドレイは、シス大戦を引き起こしたジェダイエグザ・キューンダークサイドに転向することを予言できなかったのは、自分の落ち度だと感じていた。盟約は、“シャドウ”と呼ばれるジェダイ・カンセラーたちを使い、シスの復活をもたらす可能性を持つシャッターポイントを探した。彼らの目的は、シスの帰還を未然に防ぐことだった。ジェダイ盟約はシスに対して憎しみを抱いていたが、これは本来ジェダイ・コードに反する行為だった。彼らは、シスの暗黒卿になる以前のキューンからも、シスの脅威を読み取ることは可能だったはずだと信じていた。

歴史

創設

Kryndahead

盟約の創始者クリンダ・ドレイ

ジェダイ盟約の創始者、クリンダ・ドレイは、組織に属す多数の優れたジェダイ・カンセラーたちを、自ら訓練した。ドレイはカニーリアという名のミラルカの少女に特別な関心を寄せ、彼女と他の生徒たちをコルサントドレイ邸で教育した。シス大戦中、ジェダイ・ナイトの夫バリソンを亡くしていたクリンダ・ドレイは、ジェダイ盟約を使ってフォースのダークサイドを警戒する活動を行った。しかし、シスの復活を未然に阻止したいと願うクリンダ・ドレイは、その強迫観念のせいで、真の脅威を見失っていた。

ジェダイ・オーダーは、ドレイが創始したジェダイ盟約の存在と、彼女たちの目的を知らなかった。ダントゥインジェダイ・エンクレイヴ評議会ジェダイ最高評議会ですら、盟約の存在を認識していなかった。しかし、クリンダ・ドレイは銀河共和国の内部に多くの味方を持っていた。ドレイはオーダーから距離を置いていたものの、オーダーは彼女のもとへと多くの生徒を送り、訓練させようとした。しかし、ドレイが受け入れたのは、特に将来性のある生徒だけだった。シス大戦以降、ジェダイの予言者の存在は珍しくなっており、予言者としての素質を持つ者は、優れた教師から訓練を受ける必要があった。未来の予言者を育成するため、ジェダイは銀河系の各地から集めた生徒をドレイ邸へと連れて行った。

パダワン虐殺

Blue Glass Arrow 詳細はパダワン虐殺を参照
WhatTheHeck

タリスのパダワン虐殺

3964 BBY当時、クリンダ・ドレイから訓練を受けた4人のジェダイ・マスター、カニーリア、フェルンラーナ・テイゼイマー、そしてクリンダの息子ルシエン・ドレイは、ジェダイ盟約の中で第一ウォッチサークルと呼ばれるグループを形成していた。ウォッチサークルのメンバーは、惑星タリスジェダイ・タワーに配属され、それぞれパダワンを訓練していた。この、タリスのパダワンたちは、最後のジェダイ・トライアルを受けることになった。彼らが試練を行っている途中、ウォッチサークルのマスターたちは、マンダロリアン戦争ジェダイ内戦第一次ジェダイの粛清による破滅を示唆する、不吉なヴィジョンを予見した。彼らはヴィジョンの内容を、自分たちの弟子がフォースのダークサイドに転向してシス卿になるという意味だと受け取った。彼らは、予見された未来が現実のものとなる前に、パダワンを始末することに決めた。

ジェダイ・タワーでパダワン虐殺が実行され、ウージョーガーンキャムリンシャッド・ジェラヴァンらが殺害された。しかし、第一ウォッチサークルは大きな失敗を犯した。ルシエン・ドレイのパダワン、ゼイン・キャリックが虐殺を生き延び、脱走したのである。ウォッチサークルは、キャリックにパダワン虐殺の罪を着せ、彼を指名手配した。その後キャリックは、バウンティ・ハンターヴァリアス・イングに捕えられてジェダイ・タワーへと連行された。しかし、彼はジャレイルの助けを借り、またしても脱走に成功する。ウォッチサークルのマスターたちは、ジャレイルのこともヴィジョンに登場した不吉な存在だと考えた。ジェダイが犯罪者の逮捕に失敗したため、タリスでは暴動が発生し、ウォッチサークルのメンバーはコルサントへと撤退しなければならなくなった。タリスを離れる前、マスターたちはキャリックからのメッセージを受け取った。キャリックは、誰かが自分の潔白を認めるまで、マスターたちをひとりひとり追い詰めていくと宣言した。

第一ウォッチサークルの解散

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

  • Star Wars: Knights of the Old Republic 0: Crossroads
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Commencement (初登場)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 9: Flashpoint Interlude: Homecoming
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 12: Reunion, Part 2
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 15: Days of Fear, Part 3
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 16: Nights of Anger, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 18: Nights of Anger, Part 3
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Daze of Hate
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Knights of Suffering
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Vector
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Exalted
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 31: Turnabout
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Vindication
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 48: Demon, Part 2 (言及のみ)
  • Lost Tribe of the Sith: Purgatory (言及のみ)
  • Lost Tribe of the Sith: Sentinel (言及のみ)
  • Star Wars: The Old Republic (作中の文書内で言及)
  • Star Wars: Dark Times 11: Vector, Part 5 (言及のみ)

参考資料

脚注

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。