FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Twilek General SECR

クローン戦争で戦うトワイレックのジェダイ将軍

ジェダイ将軍(Jedi General)はジェダイ・オーダーのメンバーが就いた階級。彼らは本来は軍事組織ではなかったが、戦争中に必要とされたさい、将軍(ジェネラル)として戦っていた。

もっとも初期の将軍は、レヴァンに従う派閥レヴァンチストとして、マンダロア大戦ネオ=クルセイダーの侵略に対抗し戦っていた。結果的に、彼らはフォースのダークサイドに堕ちてシス帝国を形成する。

新シス大戦のときには、ジェダイアーミー・オブ・ライトの将軍(何人かはジェダイ卿)として活躍した。だが、その大部分は第七次ルーサンの戦いにおいて死に絶えている。

クローン戦争では、ほとんどのジェダイ・ナイトマスターに将軍の階級が与えられた。共和国グランド・アーミーへの戦闘指令では、80人のジェダイ・ジェネラルにクローン・マーシャル・コマンダーとともに軍団(Corps)を率いる権限を、そして320人のジェダイにシニア・クローン・コマンダーとともに大規模な部隊(Legion)を率いる権限を与えていた。また、システムズ・アーミーを率いるためのジェダイ高位将軍セクター・アーミーを率いるためのシニア・ジェダイ・ジェネラルも存在した。パダワンたちにはジェダイ・コマンダーの階級が与えられ、1,280ある分隊のそれぞれを指揮する権限が与えられた。大佐になったタイナー・レンズのように、ほかの階級に就いたジェダイもいた。何人かのジェダイは新しい軍事階級を受け入れるのを拒否してオーダーを去り、ほかにも戦場よりむしろ諜報活動に従事する道を選んだジェダイたちもいた。多くのジェダイたちは分離主義勢力との戦いの中で命を落とし、シス卿でかつ最高議長パルパティーンオーダー66の命令を出したときに、クローン・トルーパーたちが残っていたジェダイ・ジェネラルの大部分を抹殺している。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki