FANDOM


ジェダイ・テンプル・ガード(Jedi Temple Guard)はジェダイ・オーダーに仕えた組織。彼らはジェダイの紋章が入った金茶色のフード付きローブと仮面を身に着け、黄色いブレードを放つ特殊なライトセーバー・パイクを装備していた。

特徴

ジェダイ・テンプル・ガードの役割は、長い歴史を持つジェダイの聖地、ジェダイ・テンプルのホールを防衛することだった。テンプル・ガードはジェダイ・オーダーに所属するナイトの中から選びだされ、無名の歩哨として組織に奉仕した。銀河共和国時代末期、テンプルの保安主任を務めるジェダイ・マスターシン・ドローリグがテンプル・ガードを率いていた。テンプル・ガードの無個性なローブと仮面は、より崇高な職務のために感情的な執着を放棄していることの象徴だった。テンプル・ガードは特徴的で稀少な黄色のブレードを放つダブル=ブレード型ライトセーバー・パイクを携帯した。彼らのライトセーバーの刃は、一般的なダブル=ブレード・ライトセーバーよりも短かった。

歴史

クローン戦争中、ジェダイ・テンプル・ガードは惑星コルサントにあるテンプルの防衛を任されていた。戦争中、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーがテンプル爆破事件の犯人であるパダワンバリス・オフィーと戦った際、テンプル・ガード数名が爆破犯の取り押さえに加わった。スカイウォーカーとテンプル・ガードはオフィーを共和国の裁判所まで連行し、濡れ衣を着せられていたアソーカ・タノの潔白を証明した。

クローン戦争終結以降、シスの暗黒卿ダース・シディアスが行った粛清によって、テンプル・ガードを含むジェダイ・オーダーの全メンバーが過去の存在となった。帝国時代、かつてテンプル・ガードの一員だったパウアンの男性銀河帝国に加わり、尋問官を率いる大尋問官になった。ヤヴィンの戦いの3年前、惑星ロザルにあるジェダイ寺院を訪れたケイナン・ジャラスは、フォースのヴィジョンの中でテンプル・ガード数名と戦った。ジャラスはヴィジョンの中で正式にジェダイ・ナイトの称号を授与され、大尋問官もかつてジェダイだったことを知った。間もなく、尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスターが寺院を襲撃したが、2人はテンプル・ガードの幻影に取り囲まれ、ジャラスとその仲間を取り逃がした。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。