FANDOM


「ジェダイの道は調和の道。わたしたちカンセラーは、暴力を避け、フォースの平和を通じて生けるものをひとつにまとめようと努力する」
―『ジェダイの書 フォースを学ぶ者への手引き』より、ジェダイの占い師サブラ=マンディブ[出典]

ジェダイ・カンセラー[1]Jedi Consular)はジェダイ・オーダーに存在した3つの役職のうちのひとつである。ジェダイ・ナイトの階級に達したジェダイは、ジェダイ・ガーディアンジェダイ・センチネル、ジェダイ・カンセラーのうち、どの道を歩むか決断することになった。調停評議会によって率いられたカンセラーは、銀河共和国内の交渉や調停を担当していた。フォースの謎の研究に多くの時間を割くカンセラーたちは、最後の手段として必要になるまで、ライトセーバーを使うことを控えていた(また、彼らの多くは緑のブレードのライトセーバーを使用した)。カンセラーでジェダイ占い師サブラ=マンディブは、『ジェダイの書 フォースを学ぶ者への手引き』にカンセラーの役割をまとめた。

歴史

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ ジェダイの書 DXエディション』に基づく。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。