FANDOM


ジェダイ・ウォッチマン[1]Jedi Watchman)は、銀河系の各地で特定の星系惑星の監督を担っていた、ジェダイ・センチネルのメンバーである。

概要

ジェダイ・ウォッチマンは、旧共和国ジェダイ・オーダーにおいて、特定の星系惑星の監督を行っていたジェダイを指す呼び名である。ジェダイ・ウォッチマンはしばしば監督する惑星でフォース敏感な子供を発見し、その子の素質がジェダイの訓練を受けるにふさわしいかを判断した。

ジェダイ・ウォッチマンがジェダイ評議会に加わった場合、別のジェダイがその役目を引き継いだ。例えば、カイ・ジャスティスヨーダが監督していたキャッシークを、ター・シアキ=アディ=ムンディが監督していたセレアでウォッチマンを務めた。

ジェダイ・ウォッチマンはフォースを使って自分の物理的存在を不可視にする能力を持ち合わせていた。こうした技能は、裏舞台で戦士、外交官、そして地域の複雑な出来事への対策者としての役割を果たす際に役立った。ジェダイ・ウォッチマンはジェダイ・カウンシルの目や耳として、カウンシルが戦略などを練るときによい材料となった。ジェダイ・ウォッチマンは監督する地域の状況に対し、臨機応変に対応する必要に迫られることもあった。そのため、彼らはその技能や能力を考慮され、ウォッチマンに選ばれていたと言える。彼らはカウンシルの意思を汲み取り、問題に善処するという信頼を置かれていた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ ジェダイの書 DXエディション』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki