FANDOM


ジェダイの遺児バーバラ・ハンブリーによる小説。『Children of the Jedi』の邦訳作品。1996年5月竹書房から発売された。翻訳者は富永和子。タイムラインは映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の8年後、『ジェダイ・アカデミー3部作』の数か月後に設定されている。ジェダイ・ナイトカリスタ・ミングとの物語を描くカリスタ3部作の1作目であり、シリーズはケヴィン・J・アンダースン作『ダークセーバー』、ハンブリー作『黄昏の惑星』へと続く。

原書

この小説の原書、『Children of the Jedi』は1995年5月に発売された。

出版社によるあらすじ

上巻背表紙

モン・モスマに代わって新共和国の元首となったレイア・オーガナ・ソロにとって、12年前に故郷の惑星オルデランと養父を同時に失った悲劇はまだ記憶に新しかった。そしていま、<デス・スター>の設計者の一人の女性科学者が殺害された。引退した彼女がなぜ?

一方、ルーク・スカイウォーカーは不吉な夢とフォースに導かれ、大きな危険に遭遇していた。彼は辺境の小惑星で突然、得体の知れない敵から襲撃され、プゾブ星に着陸。ガモーリアンたちの住むその星で、ルークは<パルパタインの目>という名の全自動制御の超巨大戦艦に遭遇した! 映画『ジェダイの復讐』の8年後、小説『ジェダイ・アカデミー』3部作の後を描いた、SW最新作。

下巻背表紙

ルーク・スカイウォーカーは辺境の惑星プゾブで、超巨大戦艦<パルパタインの目>に捕らわれてしまった。この戦艦は、ベルサヴィス襲撃をプログラミングされた超人工頭脳ザ・ウィルによって動いていた。その惑星ベルサヴィスへは、レイアが訪れていた。その星の氷原の下には、失われたジェダイの隠れ住む地下洞窟があるという。そしてその地下に足を踏み入れたものは誰一人として二度と戻っては来れないのだ。そこでレイアは、皇帝の愛人とその息子、恐るべきフォースの持ち主の少年と出会い、対決する! 皇帝パルパタインの死後8年を経て、その陰謀と怨念が復活したのだ。

登場人物・用語

登場人物 クリーチャー ドロイド 出来事 場所
組織 種族 乗物 テクノロジー その他

主な登場人物

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki