FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「私の弟子だったダース・ヴェイダーという若きジェダイ・ナイトが悪の道に堕ち、帝国に寝返ってジェダイ・ナイトを滅ぼした。お前の父親も、ダース・ヴェイダーに裏切られて殺されたのだ。ジェダイはいまやほとんど全滅した」
ルーク・スカイウォーカーに対し、オビ=ワン・ケノービ[出典]

ジェダイの粛清(Jedi Purge)はシスジェダイ・オーダーを壊滅へ追い込み、銀河帝国によるジェダイの残党狩りが行われた時代である。古代の戦争でジェダイに敗北したシスは、約1,000越しとなる壮大な復讐計画を実行に移し、銀河系の覇権を手に入れた。シスの暗黒卿ダース・シディアスは“シーヴ・パルパティーン”としての身分を利用して銀河共和国最高議長となり、分離主義危機の動乱期に銀河元老院における権力を拡大した。シディアスはクローン戦争を影から操り、ジェダイを一掃する計画の一環として、頭部にバイオ=チップが埋め込まれたクローン・トルーパーを共和国の正規軍に採用した。

ジェダイの粛清はクローン戦争の終結と並行して始まった。シスを倒す“選ばれし者”とされていたジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーは、議長の正体がシス卿だったことを知り、ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに報告した。ウィンドゥは3人のマスターを引き連れて議長の逮捕を試みたが、シディアスは翻心したスカイウォーカーを味方につけてウィンドゥらを殺し、“ジェダイの反乱”が起きたと発表した。妻のパドメ・アミダラを救うためダークサイドの力を必要としていたスカイウォーカーは、シディアスの弟子としてジェダイ討伐に参加することに同意した。彼は“ダース・ヴェイダー”という名を与えられ、ジェダイ・テンプルに対する攻撃を指揮した。テンプル内にいた者はヴェイダーとクローン兵士によって皆殺しにされた。一方シディアスはオーダー66を発令し、銀河各地の戦場に散らばったジェダイをクローンに始末させた。シディアスはクローン戦争に終止符を打ち、共和国を銀河帝国再編して自らその皇帝となった。

ジェダイの残党狩りは帝国時代になっても続けられた。ヴェイダーの指揮のもと、ダークサイドの訓練を積んだ尋問官たちが銀河に放たれた。ヤヴィンの戦いの数年前、ウータパウ出身の大尋問官はジェダイのケイナン・ジャラスによって率いられたロザル反乱者たちと戦った。こうした反乱分子はやがて“共和国再建のための同盟”を形成し、銀河内戦の火蓋が切って落とされた。ヴェイダーの息子ルーク・スカイウォーカーも反乱軍の一員となり、ジェダイの生存者オビ=ワン・ケノービヨーダから教えを受け、やがて最後のジェダイ・ナイトとなった。エンドアの戦いのさなか、ヴェイダーは息子を救うためダークサイドを捨て、命懸けで皇帝を滅ぼし、シスの支配に終止符を打った。

参考資料

関連項目

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。