FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

この記事はレン騎士団による虐殺を扱っています。 あなたが探しているのはジェダイの粛清かもしれません。

銀河内戦以降、ルーク・スカイウォーカーのもとで訓練を積んでいた新世代のジェダイ虐殺される事件が起きた。虐殺を行ったのはフォースのダークサイドを信奉するカイロ・レンレン騎士団だった。この事件によってジェダイ・オーダー再建運動は頓挫し、唯一の生存者となったジェダイ・マスター・スカイウォーカーは姿を消した。その後、レジスタンスやレン騎士団と手を結ぶファースト・オーダーによってスカイウォーカーの捜索が行われ、最終的に若きフォース=センシティブレイが最後のジェダイのもとへたどり着いた。

背景

銀河共和国独立星系連合が繰り広げたクローン戦争が終結した際、シスの暗黒卿ダース・シディアス(表向きにはシーヴ・パルパティーンを名乗り共和国の最高議長を務めていた)はジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーフォースダークサイドに誘惑し、新しい弟子にした。スカイウォーカーはダース・ヴェイダーという名を与えられ、マスターの指示のもと惑星コルサントジェダイ・テンプル襲撃した。またシディアスは共和国グランド・アーミークローン・トルーパーオーダー66を発令し、全てのジェダイを反逆者とみなし処刑するよう指示した。ジェダイ・オーダー壊滅に追い込んだシディアスは共和国を解体して銀河帝国創設し、自らその皇帝の座に就いた。

約20年後、ヴェイダーの息子であるルーク・スカイウォーカーがジェダイとしての訓練を開始した。銀河内戦の末期に発生したエンドアの戦いのさなか、ヴェイダーは息子を救うためフォースのダークサイドと決別し、再びアナキン・スカイウォーカーに戻った。彼はこの戦いで自らを犠牲にしてダース・シディアスを滅ぼした。知られている限り唯一のジェダイとなったルーク・スカイウォーカーは、亡きジェダイ・マスターヨーダの望みに従い、新世代のジェダイ・ナイトの訓練を開始した。スカイウォーカーの甥で、レイア・オーガナ密輸業者ハン・ソロの息子ベンも伯父のもとで修業を積んだ。ベンは祖父ダース・ヴェイダーと同様にダークサイドに惹かれており、オーガナとソロは息子に正しい道を歩ませるべくスカイウォーカーのもとへ送ったのである。

大虐殺

スカイウォーカーによる訓練もむなしく、ベンは強力なダークサイドの使い手でファースト・オーダー最高指導者を務めるスノークによって誘惑された。ベンはカイロ・レンと名乗るようになり、レン騎士団のメンバーと共にスカイウォーカーのジェダイ訓練生を皆殺しにした。カイロ・レンはこの事件によって“ジェダイ・キラー”の異名をとった。

その後

Lukes remorse

ジェダイの弟子たちを失ったスカイウォーカーと彼のアストロメク・ドロイドR2-D2

ルーク・スカイウォーカーによるジェダイ・オーダー再建の試みはジェダイの大虐殺によって失敗に終わった。責任を感じたスカイウォーカーは銀河社会から姿を消した。特に親しい人びとの間では、スカイウォーカーは最初のジェダイ・テンプルを探しに向かったのだと考えられていた。スカイウォーカーの行き先を記した地図の一部分はアストロメク・ドロイドR2-D2のメモリーに記録されていたが、このドロイドは主人が失踪して以降スリープ状態となった。ファースト・オーダーとの紛争のさなか、レジスタンス将軍となっていたレイア・オーガナは、兄の居場所を示す地図の他の部分を手に入れるためパイロットポー・ダメロンを惑星ジャクーへ派遣した。ダメロンはジェダイ・オーダーが再建されない限りフォースにバランスは戻らないと信じるフォースの教会の信徒、ロア・サン・テッカから地図を受け取った。地図のデータはダメロンのアストロメク・ドロイドBB-8に託され、最終的にレジスタンスの本部へ届けられた。BB-8は再び目を覚ましたR2-D2と共に地図を完成させ、スカイウォーカーのいる惑星を明らかにした。若きフォース=センシティブレイ(彼女はヴィジョンでジェダイの大虐殺を垣間見た)はスカイウォーカーを見つけるため、古代の寺院があるの惑星へと旅した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。