ウィキア

Wookieepedia

ジェダイ

6,099 件の記事が
このウィキにあります
トーク1
「ジェダイ・ナイトは1000年以上も旧共和国で平和と正義を守って来たのだよ。暗黒時代の前、帝国の前に」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

ジェダイ[1]Jedi)は、神秘的なエネルギーであるフォースを学び、フォースに仕え、フォースを使う、ジェダイ・オーダーのメンバーである。一般的に、彼らはフォースのライトサイドを信奉した。彼らは、純粋なエネルギーを刃とするライトセーバーを武器に使った。ジェダイは銀河共和国の平和と正義のために戦い、フォースのダークサイドを信奉するシスダーク・ジェダイとは因縁的な関係にあった。その長い歴史の中で、ジェダイは何度か壊滅状態に追い込まれた。一度はダース・レヴァン率いるシス帝国によって崩壊の危機に立たされ、その直後にはダース・ナイアリス率いるシス三頭政治による第一次ジェダイの粛清が行われた。それからおよそ4,000千年後にはダース・シディアスによるジェダイの大粛清、さらに1世紀後には、ダース・クレイト銀河帝国による第三次ジェダイの粛清が行われたが、ジェダイが完全に滅びることは無かった。スカイウォーカ家は、ジェダイの歴史の存続に大きな貢献を果たした。

ジェダイの歴史

Yoda-CVD

ヨーダは銀河史上もっとも有名で強力なジェダイのひとりである

ジェダイはもともと惑星タイソンの哲学的な研究グループとして形づくられ、やがて銀河系の平和と正義の守護者として尊敬を集めるようになった。神秘的なエネルギーであるフォースや、特徴的な輝くライトセーバーの使い手として、彼らは銀河系のすべての市民たちに希望を与える存在となる。ジェダイはその落ち着いてよく考える物腰から、紛争や対立が起こった際には、理想的な調停者となった。しかし、当時まだジェダイの数は少なかった。疑惑や混乱が生じる時代には、ジェダイはしばしば敵対者に悩まされることになる。渦巻く悪はときに彼らのオーダーや、ジェダイが仕える組織と対立した。こうした存在の中でもっとも顕著なものがシスである。こうした闇の戦士たちはジェダイとは正反対であり、宿敵同士のあいだで繰り広げられる戦いは、一度ならず銀河規模の戦争へと発展している。銀河の危機のさいには、シスはフォースのダークサイドを使ってジェダイの力を削ぎ、ジェダイが未来を予知しようとすることを妨害したこともある。

ジェダイの流儀は、必要に応じて迅速で決定的な行動をとる、知恵と忍耐の流儀となった。しかし、ジェダイの意思決定機関であるジェダイ・カウンシルはときに判断力が欠如しているような行動を取ることもあった。例えばマンダロア戦争のときには、慎重さを重んじるカウンシルがジェダイを苦しい戦況へ導くこととなった。彼らの怠慢はレヴァンの反感を招き、最終的にはジェダイ内戦が勃発してしまう。銀河系規模の戦いの中で、ジェダイ勢力とシス勢力とのあいだの境界線は曖昧になり、両陣営がカターテロスIV、そしてダントゥインといった惑星を破滅させたことで非難を浴びることになる。

複雑な計略と感嘆すべき順応力を駆使したひとりのシス・マスターナブーパルパティーン元老院議員)は、銀河共和国元老院最高議長のオフィスにまで上り詰め、クローン大戦を勃発させ、ジェダイを弱体化させて彼らに決定的な打撃を与え、ジェダイ・オーダーを崩壊させて銀河帝国を建国、自らを銀河皇帝と称して銀河系を支配下に置いた。しかしこの大事件もジェダイを根絶するまでには至らなかった。彼らはその知恵と指導によって銀河を守り、育てていくために、ニュー・ジェダイ・オーダーとして再建されたのである。こうしてジェダイはユージャン・ヴォング戦争という脅威や新共和国の失墜、そして銀河連合自由同盟の発足という出来事を通し銀河系を守り、仕え続けたのである。

登場作品

参考資料

脚注

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア