FANDOM


ジェイ・アクラ(Jae Akura)は人間男性で、第二次帝国内戦の際にシスの暗黒卿ダース・クレイト銀河帝国に仕えたスターファイターパイロットである。彼はガン・イェイジ大佐が指揮するプレデター級ファイター部隊スカル中隊に所属し、“ストーム”(Storm)のコールサインで呼ばれていた。137 ABYバウンティ・ハンターで元ジェダイケイド・スカイウォーカーが、ボサンジェダイ・ナイトホスク・トレイリスシスのテンプルから救い出そうとしたとき、スカル中隊は銀河系首都惑星コルサントにいた。スカイウォーカーを生かしたまま捕らえよという命令を受け、中隊隊員たちはスカイウォーカーの宇宙船、<マイノック>と惑星上空で戦ったが、この元ジェダイはコルサントのアンダーシティへと逃げ込み、追っ手を振り切った。

およそ1間後、モフニーナ・カリクスト(変装してモフであることを隠していた)を含むスカイウォーカーの仲間たちが、スカイウォーカーが捕らわれているシスのテンプルから彼を救い出そうとしたとき、アクラは再び<マイノック>を相手に飛行することになる。<マイノック>の追跡を始めたとき、彼らはイェイジ大佐の父親、モフ・ラルフ・イェイジから任務中止の命令を受けた。スカイウォーカーを捕まえたいと願っていたアクラは、この命令に失望した。皇帝ダース・クレイトがんだと思われたハド・アバドンにおける事件の後、アクラとスカル中隊隊員はローン・フェル亡命帝国の皇帝)を捕まえる任務に就き、ペレオン級スター・デストロイヤーウォー・ハンマー>に乗艦した。フェルはシスに対抗する同盟を結ぶため、ジェダイ・オーダーのメンバーと、惑星アガマー会合を開こうとしていたのである。しかし作戦は失敗に終わり、フェルは待ち伏せから逃げ切ることに成功する。皇帝クレイトの命令に従い、シス帝国は、銀河同盟残存勢力を手助けしたモン・カラマリに対して報復するため、彼らの故郷であるダック汚染した。その後、アクラとスカル中隊のメンバーは、モン・カラマリの難民を匿った惑星ダ・スーチャの汚染任務に加わる。任務の間、スカル中隊は衛星から逃げ出そうとするあらゆる宇宙船を迎撃するため配置され、ダース・ローダーの命令のもと、非武装の市民船を破壊した。

ダース・クレイトが帰還した後、アクラとスカル中隊隊員はジェダイ・オーダーの秘密のテンプルへの攻撃に参加した。戦いの中で、イェイジ大佐は無力な若者たちを殺すようダース・ローダーに指示されたが、シス卿に逆らい、逆にローダーを殺害した。こうしてイェイジは皇帝ローン・フェルへと忠誠を移し、他のスカル中隊パイロットたちも彼女に従ったのだった。

経歴

ケイド・スカイウォーカー追跡

Skullsquadroninside

ハンガーにおいて、アクラとそのほかの中隊メンバー

人間男性パイロット、ジェイ・“ストーム”・アクラは、137 ABY当時にダース・クレイトの銀河帝国に仕えていた。この7前、フェル帝国銀河同盟の間に起こったシス=帝国戦争が終結に近づいていた時、シス卿ダース・クレイトクーデターを起こし、銀河皇帝ローン・フェルから権力の座を奪っていた。第二次帝国内戦のさなか、アクラはガン・イェイジ大佐が指揮していたプレデター級ファイター部隊スカル中隊の一員として、クレイトの国家に仕えていた。

137 ABY、元ジェダイバウンティ・ハンターケイド・スカイウォーカーが、ジェダイ・ナイトホスク・トレイリスを助け出すため銀河系首都惑星コルサントを訪れた際、アクラとスカル中隊もこの惑星に滞在していた。もともと、シスがホスク・トレイリスの首に懸けた賞金目当てに、彼を帝国に引き渡したのはスカイウォーカー本人だった。スカイウォーカーを生きたまま捕まえよという命令を受けたアクラとスカル中隊隊員たちは、スカイウォーカーの宇宙船ヘロット級輸送船マイノック>を追跡してコルサントの上空を飛んだ。スカイウォーカーはスカル中隊を撒くことに成功し、アクラたちは宇宙船をコルサントのアンダーシティで見失ってしまった。イェイジはスカル中隊の行動に不満を抱き、広がってこの区域内で<マイノック>を捜索するよう命令する。

<マイノック>を見つけることが出来ないまま、アクラはニュー・インペリアル・パレス内の中隊格納庫へと、仲間のパイロットたちとともに帰還した。イェイジが隊員たちをその働きぶりについて叱っていた時、この大佐の父親であるモフラルフ・イェイジが彼らのもとに現れ、<マイノック>を取り逃がしたことは、あってはならない失態だと告げた。部下のパイロットたちを擁護するため、イェイジ大佐は敵の宇宙船の身元が確認されていなかったことを指摘し、相手を生け捕りにせよというモフ・イェイジの指令の結果として、任務の失敗は回避不能だったと語った。モフ・イェイジは言い訳をする娘を叱りつけると、その場を去っていった。アクラは、イェイジ大佐があのような父親のもとでよくも幼年期を過ごせたものだと驚いた。彼女は父親を弁護し、父は自分の子が男児であることを期待していたのだと語った。

およそ1間後、アクラとスカル中隊隊員は、再び<マイノック>を捕まえるチャンスを与えられた。今回、<マイノック>を操縦していたのはスカイウォーカーの仲間たち数名であり、彼らはスカイウォーカーが捕えられているシス・テンプルからこの元ジェダイを助け出そうとしていた。スカイウォーカーの母親で、帝国のモフでもある二―ナ・カリクスト(彼女はモフという身分を隠し、“モーリガン・コード”と名乗っていた)とともに、スカイウォーカーの仲間たちはテンプルの周辺で爆破装置を起動させた。スカル中隊は爆発を聞きつけて現場の周辺を飛行し、アクラは<マイノック>を発見した。中隊はすぐにこの輸送船と戦い、ダメージを負わせた。しかし、スカル中隊が<マイノック>を照準に捉えたその瞬間、モフ・イェイジからスカル中隊に、任務を中断せよという命令が下った。この命令は、カリクストが自分の息子を助けるために手配したものだった。スカル中隊隊員たちはこの指令に不満を持った。アクラはスカイウォーカーを捕まえたいと発言したが、結局中隊はモフの命令に従い、<マイノック>を逃がした。

サンダーストローク作戦

その1年後、ハド・アバドン事件が発生する。この時、ダース・クレイトは個人的アドバイザーであるダース・ウィーロックの手にかかって殺されたかに思われた。その後、アクラとスカル中隊のメンバーはサンダーストローク作戦に参加すべく、ペレオン級スター・デストロイヤーウォー・ハンマー>に乗り込んだ。この作戦は、帝国の摂政となったばかりの大提督モーリッシュ・ヴィードによって命令されたものだった。作戦の目的は、ローン・フェル(亡命帝国の指導者だったフェルは、ジェダイ・オーダー会談を行い、シス帝国に対抗するための同盟を形成しようとしていた)を捕えることだった。アクラは、大半がシスによって構成されている帝国艦隊に余り良い印象を持っていなかった。アクラは、中隊の仲間であるブロディ・コバーンに、自分は決してシスになど忠誠を誓ってはいないと語った。

アクラとスカル中隊隊員は、シス・レディのダース・ローダーの指揮下に入った。彼女は、スカル中隊のプレデター級スターファイターをシス帝国の最新型ファイターと取り替えてしまった。シス=帝国艦隊は、フェルがジェダイと会談しようとしている惑星アガマーの上空へと到着し、スカル中隊隊員たちは攻撃部隊とともにフェルのスター・デストロイヤードーントレス>や、敵のスターファイターと戦った。シス帝国はフェルの勢力によって多大な犠牲を払い、サンダーストローク作戦は最終的に失敗に終わった。フェルはなんとかシャトルへと乗り込み、脱出を果たした。

ナプドゥ

Akura napdu

ダ・スーチャでの任務中のアクラ

銀河同盟残存勢力を手助けしたモン・カラマリを絶滅させよ、というクレイトの命令に従い、シス帝国はモン・カラマリの故郷ダック汚染した。その後、モフ・イェイジの指揮の下、ジェイ・アクラとスカル中隊隊員は第1シス帝国攻撃部隊とともにダ・スーチャの4番目のナプドゥへと向かった。シスたちは、この衛星に住むハット犯罪王アジム・アンジリアク・アティルエが、モン・カラマリの難民を匿っているのではないかと疑っていたのだ。

ダ・スーチャの任務を監督していたシス卿、ダース・アザードは、ダックを荒廃させたのと同じ毒物をダ・スーチャに放つため、攻撃部隊の爆撃機を配置につかせるようイェイジに命令した。その後、ナプドゥの爆撃が始まった。艦隊が月を攻撃する中、スカル中隊は月から逃げようとするあらゆる宇宙船を妨害するため、配置についた。中隊の司令官であるシス、ダース・ローダーは、月を離れようとする宇宙船を破壊するよう、隊員たちに命令した。“スカル3”のテヴ・リモンは、その宇宙船が非戦闘員の一般市民であることを報告し、アクラはその宇宙船が武装していないことを確認した。しかしローダーが意思を変えることはなく、スカル中隊隊員は市民船を破壊することになった。爆撃が完了し、ストームトルーパーたちが惑星に生存者がいないことを確認した後、シスは任務は大成功に終わったと判断し、軍隊を呼び戻した。

テンプルへの攻撃

ダース・クレイトが再びシス帝国の支配者へと返り咲いた後、アクラとスカル中隊パイロットたちは、帝国が行った惑星タイヴァスにあるジェダイ・オーダーの秘密のテンプルへの攻撃に参加した。戦いの中で、アクラとコバーンは撤退しなければならない状況に陥ったが、ダース・ローダーはそれを認めず、その配置に留まるよう命令を下した。ローダーはスカル中隊に、ジェダイの若者たちがたくさん乗り込んでいる宇宙船を破壊し、無防備な子供たちを殺すよう指示した。しかしイェイジ大佐はダース・ローダーに向けて攻撃を行い、このシス卿を殺害する。もはやシスに仕え続ける意志を失っていたイェイジ大佐は、皇帝ローン・フェルの側に離反すると宣言し、他のスカル中隊隊員たちもそれに倣った。ジェダイと銀河同盟残存勢力、そして亡命帝国の同盟軍は敵に圧倒され、戦いから撤退してバスティオンで再集結する。

個性と特徴

Akura piloting

プレデター級ファイターに乗るアクラ

ジェイ・アクラはパイロットとしてガン・イェイジのスカル中隊に仕え、プレデター級ファイターに乗り込んで戦った。アクラは地上で、あるいは戦闘機に乗り込んでいる最中も、スカル中隊の他のメンバーと友好的に冗談を飛ばしあい、しばしば仲間のパイロットをからかっていた。アクラの同僚のひとり、テヴ・“クラッシャー”・リモンは、犯罪者が宇宙船のIDを変える回数よりも、アクラがガールフレンドを変える回数のほうが多いと発言していた。スカル中隊がスカイウォーカーを生け捕りにすることに失敗した後、アクラはモフ・ラルフ・イェイジの娘の叱り方にショックを受けた。アクラは、スカル中隊が<マイノック>の捕獲任務を中断するよう言い渡されると失望し、スカイウォーカーを捕まえたいという願いを口にしていた。アクラはまた、スカル中隊がサンダーストローク作戦に送り出された際、特別部隊の大半が信用の置けないシスで構成されていることに、不満の意思を示していた。

制作の舞台裏

ジェイ・アクラは、2007年7月11日に発売されたスター・ウォーズLegacy』シリーズのコミック・ブック、『Claws of the Dragon, Part 1』で初めて登場した。しかし、彼が登場する作品はいずれも邦訳されていない。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはジェイ・アクラに関する5枚の画像があります。
  • Star Wars: Legacy 14: Claws of the Dragon, Part 1 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 19: Claws of the Dragon, Part 6
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2
  • Star Wars: Legacy 48: Extremes, Part 1
  • Star Wars: Legacy—War 4 (言及のみ)

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki