FANDOM


「きみをソード・オブ・ジェダイと名づける。鍛えられた鋼のように鋭利で強く、常に先頭に立ち、敵を焼くこてとなり、友にとってはあざやかな炎となれ。きみは絶えず動き、安らぐことがない。だが、きみがもたらす平安が祝福となるだろう。孤高の戦士として、人々をその陰に憩わせるがいい」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

ジェイナ・ソロ・フェル(Jaina Solo Fel)は人間女性で、ニュー・ジェダイ・オーダージェダイ・マスターハンレイア・オーガナ・ソロの間に生まれたジェイナは、双子のジェイセンアナキン・ソロという弟がいた。彼女はジェダイとして新共和国銀河連合自由同盟のために戦い、最高評議会のメンバーも務め、ジャグド・フェルと結婚した。母親のフォース感応能力と父親の技術的な才能を受け継いでいた彼女は、ジェダイ・プラキシウムで修業を積んだ。彼女は若くして多くの冒険を経験し、第二帝政との戦いでは友人のゼックフォースのダークサイドを捨ててジェダイに加わる手助けをした。

ユージャン・ヴォング銀河系を侵略した際、ソロは新共和国軍に加わってローグ中隊パイロットになった。彼女はユージャン・ヴォング戦争の最前線に立ち続け、おじであるルーク・スカイウォーカーからソード・オブ・ジェダイという称号を与えられた。また、ユージャン・ヴォングも彼女をトリックスターの女神ユン=ハーラの化身とみなして畏れた。戦争中、ソロはパイロットのジャグド・フェルと親しくなったが、弟アナキンのをきっかけに危険なほどダークサイドに接近した。しかし、彼女はキップ・デュロンのおかげで道を踏み外さずに済んだ。その後、ソロはエバックの戦いウォーマスターサヴォング・ラを殺害し、銀河同盟の勝利に貢献した。数多くの戦場に出向いたソロは、戦争の最後の戦いにも参加した。マーカーの任務の生存者だったソロは、侵略戦争終結後にキリック・コミュニティのジョイナーになり、ダーク・ネスト危機キリック戦争に巻きこまれることになった。この事件で、彼女は恋人のジャグド・フェルと対立する別々の陣営に別れることになった。

40 ABY、ソロはハードポイント中隊の隊長になり、トララスの戦いで銀河同盟に組した。その後、彼女はジェイセンと共にローグ中隊を率いてコレリアの封鎖に参加する。この事件の結果、彼女と攻撃的な行動が目立つようになっていたジェイセンとの関係に亀裂が生じた。その後、ソロはダーク・ジェダイアリーマ・ラーを討伐する任務でジャグド・フェルやゼックと行動を共にした。ダークサイドに転向したジェイセンが残虐行為を繰り返し、遂にはおばであるマラ・ジェイド・スカイウォーカーを殺害すると、ソロは弟を止めるために父の仇敵だったマンダロアボバ・フェットの下で戦闘訓練を積んだ。その後、ソロはスター・デストロイヤーアナキン・ソロ>でジェイセンとの対決に臨み、いまやシス卿ダース・カイダスに成り果てた双子の弟を殺害した。

カイダスの死後も、ジェイナ・ソロはジェダイとして活動を続けた。ジェダイの支配を画策するナタシ・ダーラ元首がルーク・スカイウォーカーをジェダイ・オーダーから追放した際、ソロは元首の計略を挫くための秘密組織ダークメルドを形成した。悪化の一途をたどるダーラの過激主義は、ジェダイ・オーダーをクーデターに狩り立てた。ダーラが元首の座を追われた後、ソロとスカイウォーカーは、新たに台頭したシスの脅威や、アベロスと呼ばれるダークサイドの化身との戦いに身を投じた。シスとアベロスがコルサント政府の支配権を握った際、ソロを含むジェダイたちは占領者に奇襲を仕掛けた。この戦いの中で、スカイウォーカーはソロをマスターに昇格させた。アベロスが破滅し、シスの脅威に終止符が打たれた後、ジェイナ・ソロはジャグド・フェルと結婚した。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。