FANDOM


シーラ[1](Csilla)はチスの出身地である、氷河と雪に覆われた荒地の惑星。チス・スペースの奥深くに位置し、チス・アセンダンシーの首都として機能していた。

歴史

ChissNEGAS

チスの男性

27,500 BBYごろのあるとき、スリーパー・シップに乗った人間が惑星シーラに到着し、この惑星に入植する。5,000 BBYごろ、惑星シーラは氷河期に突入する。普通なら温暖な赤道の地域も氷河によって覆われ、永久の冬に固まった氷が惑星の極を固定した。生き残るために、チスはエネルギー効率の良い住処を氷の下に作り上げ、内惑星の暖かさにできるだけ近づけるようにした。彼らはシーラの様々な地区を移動ルートで繋ぎ、地下車両で移動を行った。このアイスウェイは変動する惑星表面の氷に影響を受けないよう、惑星の基盤に穴を通していた。

数千年のあいだ氷河時代が続き、シーラは物理的変化はほとんどなかったが、チスに対し社会経済と技術的な変化を強制することになった。チスの青い肌の色は惑星の気温と関係があるという考え方に反し、科学者たちはチスの肌はシーラの水圏で見られる、ミネラルによる影響を受けていると結論付けた。

政治

惑星シーラとそのコロニーでは、そのときどきで数が変わるルーリング・ファミリーが政治を行った。チス・アセンダンシーを治めるファミリーの中には、主に4つの名門一族が存在した。これは惑星クワットの方式と似ていたが、クワットとは違い、惑星を治める一族の間に争いは存在しなかった。名門一族にはそれぞれ担当する分野が存在し、サボセン家は社会的司法システムや衛星、教育の供給、ニュルオド家は軍事及び外交、クサプラ家は植民惑星問題、資源配布、農業管理、インロキニ家は化学や通信、産業を担当した。

民主的に選出された閣僚は、シーラの首都クサプラーで議会によって提出された議事を検討した。重要な事項について結論が出なかった場合、その最終的判断は担当する一族に任されることになる。ただ、経済問題はどの部門でも扱われなかった。チスの社会では国家が必要なものをすべて供給するため、貨幣が使用されなかったからである。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki