FANDOM


Atticon

この記事の訳語は公式表記ではない可能性があります。

公式表記が確認された場合、出典の明記や記事名の変更が求まれます。

シーパン内戦(Sepan Civil War)はシーパン星系惑星ディモックリポブラスが数世紀にわたって繰り広げた紛争である。銀河共和国をはじめ、数々の銀河系政府がこの内戦に介入した。

歴史

Sepan system

戦場となったシーパン星系

シーパン星系ディモックリポブラスの内戦が始まった正確な時期は不明だが、22 BBYの時点ですでに戦いが行われていた。数十続いていたこの紛争は、やがて銀河共和国の注意を引くほど激しいものになった。内戦を終わらせるため、3回にわたってジェダイの代表団が派遣された。最後の代表団には、ジェダイ・ナイトエンパトジェイオス・ブランドバルター・スワンチェレミ・チュオヴィックらが参加していた。しかし内戦が終結することはなく、シーパンの共和国脱退の可能性という、新たなる問題が浮上することになった。

シーパン内戦はクローン戦争中も続き、共和国に代わって銀河帝国誕生した後も争われていた。皇帝パルパティーン率いる帝国は、銀河系に秩序をもたらすために肥大化する反乱同盟の脅威に対処し始めたため、シーパンの紛争は忘れ去られた。

3 ABYホスの戦いの直後、シーパン星系の紛争を終わらせるため、帝国のハーコフ提督が小規模な艦隊を率いて現地に赴いた。リポブラスは、帝国の到着がディモックに対する勝利につながると考え、この状況を歓迎した。しかしハーコフは、どちらの側も制圧しようと考えていた。ハーコフはパイロットマーレック・スティールの助けを借りてシーパン戦役を展開し、ディモックとリポブラスは互いに協力して帝国に立ち向かうことになった。両陣営の代表者は協力関係について話し合うためシーパン8で会合を開いたが、彼らの試みは失敗に終わった。ハーコフはシーパンの軍隊と、彼らに協力する反乱同盟の軍隊を破り、シーパン内戦を終わらせた。

40 ABY第二次銀河内戦のさなか、銀河系の各地で古い因縁に再び火がついた。ディモックとリポブラスの間にも、再びシーパン内戦が始まった。この問題は銀河連合自由同盟カル・オマス元首にとって最優先課題となり、数十年前に帝国がそうしたように、銀河同盟からも内戦を終結させるための部隊が派遣された。

登場作品

  • HNNsmall Sepan Civil War Escalates—HoloNet News Vol. 531 49
  • Star Wars: TIE Fighter (初登場)
  • Legacy of the Force: Sacrifice (言及のみ)

参考資料

関連項目

  • シーパン戦役(シーパン内戦中に発生した、銀河帝国による軍事活動)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki