FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「シードは美しい都市ですな」
「美術館が好きならば、だが」
ヒューゴ・ダマスクシーヴ・パルパティーン[出典]

シード(Theed)は惑星ナブー首都である。惑星と同じ名前で呼ばれる人間民族の社会が築かれていた。ナブーの君主宮殿が置かれ、自然と調和した建築様式の建物が並んだ。

概要

シードはミッド・リム惑星ナブー首都で、ソルー川が大きな滝へと流れ込む場所に築かれていた。ソルー川は都市を貫通していたため、シードではほぼあらゆる場所で辺の風景を楽しむことができた。シードの多くの建物は、円柱のあるファサードやドーム状の屋根、川を望むテラスを特徴としていた。シードの調和のとれた建築様式は、街の創設者とナブー人の平和的な生き方や文化を反映していた。[2]

歴史

シードはソルー川河岸に築かれた農村に起源を持っていた。シードにはナブーの君主の王座が置かれ、この街の大学はナブーの発展に貢献する芸術家や教育者、政治家の育成に力を入れていた。[2]ヤヴィンの戦いの32年前、ナブーがトレード・フェデレーションによって侵略された際、シードもバトル・ドロイド部隊によって制圧された。しかし、パドメ・アミダラ女王ジェダイクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービによって救出され、シードから脱出した。その後、アミダラは故郷を解放するため再びナブーに戻り、フェデレーション占拠下のシードに奇襲を仕掛けた。彼女たちはフェデレーションに勝利し、シードは再びナブー人のものとなった。[1]

ナブーの戦い以前、ナブーの商人は水路上でときおりグンガンと顔を合わせるだけだったが、惑星を解放するために手を取り合って以降は交易が増加した。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。