FANDOM


シングル・トルーパー・エアリアル・プラットフォーム(Single Trooper Aerial Platform)、略称STAPバクトイド・アーマー・ワークショップ社が製造したB1バトル・ドロイド用の単座式リパルサークラフトである。トレード・フェデレーションドロイド軍で使用され、クローン戦争では分離主義勢力ドロイド軍の戦力となった。

特徴

シングル・トルーパー・エアリアル・プラットフォーム(STAP)は、B1バトル・ドロイド専用の単座式兵リパルサークラフトとしてトレード・フェデレーション技術陣によって設計され、バクトイド・アーマー・ワークショップ社が製造した。エアフックと呼ばれる民間用ビークルを下敷きにしていたが、エアフックよりも高い性能と信頼性を備えていた。高電圧エネルギー・セルから動力を供給された超小型ドライブ・タービンによって一流の速度と運動性能を実現していた。ドロイド司令船からの信号に誘導されていたため、操縦も正確だった。[1]

STAPは2門のブラスター砲で武装していた。STAPは機体が脆弱でパイロットが露出しているという弱点があり、攻撃が当たりさえすれば簡単に破壊することができた。そのため、このリパルサークラフトはパトロール任務や事後処理任務を割り当てられることが多かった。[1]

歴史

ヤヴィンの戦いの32前に発生したナブー危機当時から、トレード・フェデレーションはシングル・トルーパー・エアリアル・プラットフォームを使用していた。[2] 彼らはこのビークルを偵察やパトロール任務のために使用し、より大型の車両のサポート用に配備することもあった。[3] フェデレーションは惑星ナブーの侵略と、それに続いて発生したナブーの戦いにSTAPを投入した。[2] フェデレーションがドゥークー伯爵独立星系連合に参加すると、STAPも分離主義勢力ドロイド軍の戦力として活用されることになった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。