FANDOM


「用心しろ危険が迫っているぞ」
フォースでシランの存在を感じるクワイ=ガン・ジン[出典]

シラン[1](Silan)は、惑星アロルアに生息していた危険なクリーチャーである。シランが登場する神話もあった。

特徴

シランは巨大な体を持つ、フォースのダークサイドの生物だった。惑星アロルアの山に住み着いており、口のような部分と牙を多く持っていた。

歴史

銀河共和国の後期、惑星アロルアを旅していたジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンとそのパダワンオビ=ワン・ケノービは、野営地を探す途中で、シランの危険な存在をフォースで感じ取った。シランと戦うことはフォースの意思が与えた試練だと解釈したクワイ=ガンは、自らシランのもとへと進んでいき、オビ=ワンも師に倣った。ふたりはライトセーバーを使ってシランと戦い、この巨大な生き物を退治した。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『生と死、そしてフォース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki