FANDOM


「共同作業が全体的に僕たちをよりよい作家にしていると思う。ひとりで書くときは、2人で書くようなやり方はできないね。2人で書くと、別々に書いている時にはないものが生まれる。とてもやりがいがあるのは、そのためなんだ」
―ショーン・ウィリアムズ[出典]

ショーン・ウィリアムズはオーストラリア人の作家である。『フォース・アンリーシュド ダース・ヴェイダーの弟子』や、シェーン・ディックスと組んで執筆したニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズの3作品などが著作として知られる。ウィリアムズとディックスは、『エピソード3/シスの復讐』と『エピソード4/新たなる希望』の間の出来事や、チス未知領域にまつわる話を書くことに意欲を見せている。

経歴

「締切を両立させるのは大変だよ、もちろん」
―ショーン・ウィリアムズ[出典]

南オーストラリア出身のSF作家であるショーン・ウィリアムズは、もともと映画『スター・ウォーズ』のファンだった。彼は共通の友人の紹介で、同じオーストラリア人のシェーン・ディックスと知り合った。友人になった2人は、地元の出版社から小説を依頼され、コーガル・シリーズの『The Unknown Soldier』を完成させた。その後も彼らは共同作業を続け、宇宙オペラの『エヴァージェンス』シリーズを執筆している。[1]

ショーン・ウィリアムズとシェーン・ディックスは、はスター・ウォーズのニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズの15作目から17作目(邦訳版では『Star by Star』が『猟獣』と『陥落』に分けて出版されたため、16作目から17作目)を執筆することになるが、ウィリアムズはこの3作と同時に『エヴァージェンス』3部作、ファンタジー小説3部作の執筆を並行して進めていた。2人の書いた『レムナント』、『逃亡者』、『再会』は、フォースの異端者3部作と呼ばれている。ニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズはデル・レイの編集者シェリー・ピサロや関係する多くの作家、ルーカスフィルムスカイウォーカー・ランチのチームの共同作業で進められており、ウィリアムズとディックスも描写のズレがあったときは、誰かの注意を受けることになった。ただ、ウィリアムズは彼の担当した3部作において、タヒーリ・ヴェイラサーバ・セバタインというキャラクターを発展させたことを、誇りに思っていると発言している。[1] ウィリアムズとディックスは、同シリーズに属する短編『Or Die Trying』も著したが、こちらは未邦訳である。

3部作を書いたショーン・ウィリアムズとシェーン・ディックスは、スター・ウォーズ インサイダーの取材に対し、チス拡張防衛軍中隊の冒険や、『エピソード3/シスの復讐』と『エピソード4/新たなる希望』の間のストーリー、未知領域にまつわるストーリーを描くことに意欲を示した。

ウィリアムズたちのフォースの異端者3部作に続く作品、『最後の予言』は、グレッグ・キイズが担当した。この3部作の後、ウィリアムズはひとりでスター・ウォーズ フォース・アンリーシュドの小説、『フォース・アンリーシュド ダース・ヴェイダーの弟子』を執筆した。他にも、ウィリアムズはゲーム『The Old Republic』に基づいた小説や、フォース・アンリーシュドの小説2作目(いずれも未邦訳)を執筆した。[1]

執筆スタイル

ショーン・ウィリアムズとシェーン・ディックスは共同で3作の小説と、短編1作を執筆した。彼らの共同作業は、スター・ウォーズ作品に取り組む以前の、1995年の作品『The Unknown Soldier』から始まっている。[1]

彼らはまず2人でアイデアを出し合い、大まかな筋が頭の中でまとまった後、ウィリアムズが最初の草稿を書く。行き詰った場合、ウィリアムズはディックスに相談する。ディックスは草稿から役に立たない部分を削除し、キャラクターの性格を固めて重要なシーンを補強し、行き詰った場合はウィリアムズと相談する。そしてウィリアムズが原稿の最終チェックをするといった具合に執筆を進めた。ディックスは長いことこの作業をやって来たので慣れていると語っており、ウィリアムズは共同作業でこそ生まれるものがあると発言している。[1]

スター・ウォーズの著作

西暦は原書が出版された年

参考資料

脚注

外部リンク

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki