FANDOM


「馬鹿者、電磁妨害で通信は使えんし、あの怪物を制御する首輪も停止した!」
クリール[出典]

ショック・カラー(Shock collar)は拘束具の一種。囚人やクリーチャーの首に取りつけ、電気ショックで逃亡を阻止した。警察機関や奴隷商人、危険なクリーチャーの飼育者などが使用した。

歴史

アルメク首相惑星マンダロア闇市場の取り引きを行っていたことを突き止めた際、サティーン・クライズ女公爵はアルメクの一味に捕えられ、ショック・カラーを取りつけられた。アルメクは拘束具の電気ショックを拷問に利用し、女公爵や彼女の甥コーキー・クライズを痛めつけ、反逆罪を認める告白文にサインを求めた。しかし、ジェダイパダワンアソーカ・タノが隙を付いてアルメクの首にショック・カラーを取りつけ、彼とその部下たちに降伏を強いた。

ザイゲリアン奴隷商人たちはショック・カラーを使って奴隷たちを押さえつけていた。ジェダイのアソーカ・タノやオビ=ワン・ケノービクローン・キャプテンレックスキロスで攫われたトグルータの植民者たちもショック・カラーで拘束されたが、銀河共和国の手で解放された。

Kongo shock collar

ショック・カラーの電気ショックで気絶するコンゴ

グラッカス・ザ・ハットが所有するナー・シャッダ闘技場では、ショック・カラーを取り付けた“腹裂き屋”コンゴが飼育されていた。グラッカスがコンゴをルーク・スカイウォーカーと戦わせた際、銀河帝国クリール軍曹はスカイウォーカーを生け捕りにするため首輪の電気ショックでコンゴを気絶させた。その後、グラッカスは帝国軍ブラスターを使えなくするため宮殿に仕込んでおいた電磁妨害装置を作動したが、そのせいでショック・カラーも機能を停止してしまい、目を覚ましたコンゴは制御不能になった。

惑星オーン奴隷帝国に潜入した際、反乱者サビーヌ・レンはザイゲリアンの奴隷商人によってショック・カラーをかけられた。しかし、レンに触発された他の奴隷たちはショック・カラーを壊す方法を学び、奴隷商人に対する反乱を起こした。レンは奴隷帝国の指導者マダールを倒し、オーンの奴隷ビジネスに終止符を打った。

登場作品

他言語版