FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Shu mai
シュ・マーイ
人物の情報
出身

カステル

死亡

19 BBYムスタファー

身体の情報
種族

ゴッサム

性別

女性

身長

1.65メートル

目の色

肌の色

ライトブルー

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属

シュ・マーイ[1](Shu Mai)は惑星カステル出身の女性ゴッサムである。クローン戦争より前からコマース・ギルド会頭を務めた。

マーイは銀河帝国の誕生より数十年前、故郷のカステルが大規模な経済不況に見舞われた際にコマース・ギルドに雇われた多数のゴッサムの1人であった。だが才能のあったマーイは単なる下働きには終らず、ギルド内での地位を見る見るうちに上げ、やがて財政主任となる。抜け目の無い、そして時には節操すら無い戦術を用いたマーイは、ギルドが買収したカステルを全て買い戻した。だが、彼女の買い戻したのは惑星だけであり、その住民達は含まれていない。彼女は地価を吊り上げる事で同胞のゴッサムの民から更なる利益を貪ったのである。マーイの行為に感銘を受けたギルドは、彼女を企業の次期会頭に選出した。

その後、マーイは密かにギルドを独立星系連合に従わせる事を決定した。マーイはコマース・ギルドの軍備をクローン戦争でこの銀河共和国からの分離を望む組織へと提供する事を約束した。そしてまた、ヌート・ガンレイワット・タンバーサン・ヒルらと共に、連合の重鎮として分離主義評議会へも加わった。19 BBY、大戦が終結すると、不要となったマーイら評議会のメンバーは、惑星ムスタファーダース・ヴェイダーによって殺害される。

登場作品

参考資料

脚注


分離主義評議会
リーダー
ドゥークー · グリーヴァス · ヌート・ガンレイ
カウンシルのメンバー
サン・ヒル · シュ・マーイ · パッセル・アージェンテ · ポグル・ザ・レッサー
ポ・ヌードー · ワット・タンバー · ティッケス · ミラージュ・シンテル · ログワ・ウォドラータ
補佐官
エータイ · サン・ファーク · ルート・ガンネイ · ルーン・ハーコ · キャット・ミン · デナリア・キー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。