FANDOM


シャ・ダン(Sha Dun)はケル・ドア男性で、シス帝国宇宙軍提督を務めた。ダース・クレイトが支配する帝国に対し、亡命帝国ローン・フェルが引き起こした反乱、第二次帝国内戦の際に活躍した。137 ABYの時点で、シャ・ダンは銀河皇帝クレイトによって帝国アウター・リム第3艦隊の指揮官に任命されていた。この艦隊銀河連合自由同盟残存勢力の撃破、そして同盟軍コア艦隊司令官ガー・スタージを捕まえる任務を課されていた。小規模な勝利を数多く収めたものの、ダンはスタージの攻撃を止めることができず、艦隊を監督していたシス卿ダース・アザードによって処刑された。

経歴

男性ケル・ドアであるシャ・ダン提督は、第二次帝国内戦時代帝国宇宙軍に仕えていた。この内戦は、ダンが仕えるシスによって統治された銀河帝国と、クーデターによって覇権を奪われたローン・フェルが率いる亡命帝国の紛争だった。銀河皇帝の座に就いたシスの暗黒卿ダース・クレイトは、シャ・ダンを帝国アウター・リム第3艦隊の司令官の座に据えた。この艦隊クオレンシス卿ダース・アザードによって監督されていた。137 ABY、アウター・リム第3艦隊は逃亡中の銀河同盟コア艦隊ガー・スタージ提督を捕まえる任務と、銀河同盟残存勢力と呼ばれる銀河同盟軍の連合残存勢力を破壊する任務を課された。

数々の小規模な勝利を収めたにもかかわらず、ダンはガー・スタージの攻撃をとめることができなかった。ペレオン級スター・デストロイヤーリレントレス>のコマンド・デッキにおいて、アザード卿は失敗を犯したダンをフォースを使って持ち上げ、その首を絞めた。その後アザードはダブル=ブレードライトセーバーでこの提督を切り殺した。

アザードはダンの代わりに、人間至上主義ドルー・ヴァラン提督を指揮官にした。ヴァランは7前、フェル帝国と銀河同盟の間に発生したシス=帝国戦争の最後の大会戦、カーマスの戦いで一度スタージと対峙した経験を持っていた。アザードはヴァランに、ダンのようにスタージを見くびるなと告げ、失敗しないよう警告した。

個性と特徴

AzardDun

アザードに首を絞められるダン

ダース・クレイトは、同盟軍のベテラン司令官ガー・スタージ提督と戦う帝国アウター・リム第3艦隊の指揮官に、優れた軍司令官だったケル・ドアのシャ・ダンを任命した。スタージを破ることはできなかったものの、ダンは小規模な勝利を数多く収め、多くのスタージの宇宙船を拿捕、あるいは破壊した。ケル・ドアの彼は、二酸化炭素窒素酸素から自分を保護するため、対酸素呼吸マスクを使用しなければならなかった。

制作の舞台裏

シャ・ダンはスター・ウォーズコミック・ブック・シリーズ、『Star Wars: Legacy』の『Indomitable, Part 1』に登場したキャラクターである。彼が登場する作品は邦訳されていない。

登場作品

  • Star Wars: Legacy 20: Indomitable, Part 1 (初登場)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。