FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

シャンティポール計画[1](Shantipole Project)は共和国再建のための同盟のより有用なスターファイターを開発する計画であり、銀河内戦中にギアル・アクバー提督ヴァーパインスレイン&コーピル社のコロニーによって考案された。

シャンティポール計画はローシュ小惑星帯の小惑星、シャンティポールに本拠地を置いていた。Bウイング・スターファイターはこのプロジェクトによって生み出された主要戦闘機であり、即座に開発が行われた。しかし、シャンティポール研究センターの存在は銀河帝国スパイによって明るみになってしまう。コラフ艦長率いる部隊がローシュ小惑星帯へと押し寄せた。帝国のコルベットジャヴェリン3>は計画を妨害するために派遣された宇宙船のひとつである。<シャンティポール>といった輸送船は施設から人員を避難させることに成功し、アクバー提督は最終的にコラフを追い払うことに成功する。軽貨物船の<アウト・ランナー>も計画に加わっていた。

登場作品

  • WEG icon2 Strike Force: Shantipole
  • Star Wars: X-wing

参考資料

脚注

  1. 表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』による。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki