FANDOM


シャンカー・キム[2]Chankar Kim)は人間女性であり、銀河共和国の晩年に生きたジェダイ・マスターである。22 BBYごろのある時期、キムはフォースの能力が低い少女であるタリシベス・エンワンダング=エスターヘイジーパダワンにとった。キムは仲間のジェダイ・マスターであるオビ=ワン・ケノービと、その弟子であるアナキン・スカイウォーカー、そしてパドメ・アミダラ元老院議員惑星ジオノーシスで捕らえられたとき、ジェダイの攻撃チームの一員として、彼らの救出のために派遣された。引き続き起こった戦いで、キムは命を落とし、エンワンダング=エスターヘイジーは師匠のないパダワンになってしまった。

経歴

シャンカー・キムはフォース=センシティブ人間女性であり、銀河共和国の最後の数十年の時代を生きた。ジェダイ・オーダーにおける訓練を受けた後、キムはやがてジェダイ・ナイト、として最後にはジェダイ・マスターの位に達した。22 BBYクローン大戦勃発する数ヶ前、彼女は“スカウト”というニックネームで知られる少女、タリシベス・エンワンダング=エスターヘイジーパダワンにとった。この少女のフォースの力は弱かったが、キムはそれでも彼女を訓練した。のちに、ジェダイ最高評議会のメンバーであるメイス・ウィンドゥやそのほかのジェダイは、キムがこの少女のどこに才能を見出したのか分からないと語った。[1]

キムがスカウトをパダワンにとってから3ヶ月が経ったあと[1]、ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービと、彼の弟子であるアナキン・スカイウォーカー、そして元老院議員パドメ・アミダラが、惑星ジオノーシス独立星系連合によって捕らえられてしまった。メイス・ウィンドゥは彼らを解放するために、ジェダイのチームを召集し[3]、キムもその部隊の一員として派遣された。現地に向かう前、彼女はスカウトに対し、「次の任務」にはパダワンも連れて行くと語った。しかし、ジオノーシスの救出任務は全面的な戦いへと発展し、キムは連合軍のドロイド軍との戦いの中で命を落としてしまった。スカウトは師匠のいないパダワンとして取り残されてしまい、生き残った罪悪感を持つことになる。それから3年後、キムのパダワンはジェイ・マラクという別のマスターの弟子になった。しかし、スカウトの初めての任務においてマラクは殺害されてしまい、スカウトは再び師匠のいないパダワンとして取り残されることになった。[1]

個性と特徴

シャンカー・キムは、多くのジェダイが訓練しようとは考えなかった少女、スカウトをパダワンにとった。彼女はよく訓練されたジェダイ・マスターだったが、ジオノーシスにおいて命を落とした[1]。この戦いでは彼女のほかにも多くのジェダイが殺されている[3]

制作の舞台裏

シャンカー・キムはショーン・スチュワートによる小説、「暗黒の会合」においてはじめて言及された。彼女の設定は後に、2008年の『The Complete Star Wars Encyclopedia』(未邦訳)の記事の中でも言及されている。

登場作品

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 出典:暗黒の会合
  2. カタカナ表記は『暗黒の会合』に基づく。
  3. 3.0 3.1 出典:スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki