FANDOM


シャル・アンティリーズ・フェル[1](Syal Antilles Fel)は、ウィンサ・スターフレア(Wynssa Starflare)として知られた女優である。彼女はウェッジ・アンティリーズの姉で、スーンティア・フェルと結婚した。

経歴

シャル・アンティリーズは彼女の両親と弟のウェッジと共に給油ステーションで働いていた。この人生が自分に相応しくないと感じたシャルは、17歳のときに家を去って逃げ出した。故郷であるコレリアン宙域を去った彼女は、ウィンサという芸名を使っていくつかのホロドラマに出演し、成功を収める。やがて彼女は有名な銀河帝国の女優になった。ちなみに、この頃いくつかのホロドラマで競演した俳優、ギャリック・ローランは、のちにシャルの弟ウェッジと同じレイス中隊のパイロットとなった。

Fel Wedding

スーンティア・フェルとの結婚

ヤヴィンの戦い直後の1 ABY、シャルは帝国の英雄的パイロットスーンティア・フェルと結婚した。スーンティアが新共和国側に亡命したとき、帝国軍による仕打ちを恐れたシャルは一時的に身を隠している。一方のスーンティアは、彼女を見つけるためにその弟であるウェッジ・アンティリーズと接触を取っていた。ローグ中隊のメンバーの3人、ウェス・ジャンセンデレク・“ホビー”・クリヴィアンプロアー・イローが彼女の情報を求めて惑星コレリアへ派遣された。ローグはそこでコレリア保安局コラン・ホーンアイエラ・ウェジリ(いずれものちにローグ中隊に加わった)や、新共和国情報部の部員と遭遇した。だが、シャルは夫と再会するより前に彼らの前からは姿を消していた。

シャルはチスが治めていた未知領域で夫と合流した。その過酷で危険な領域で、シャルとスーンティアは家庭を築き上げる。シャルの生んだ6人の子供たちは全員ハンド帝国に加わった。そのうちのふたり、デイヴィンセリスユージャン・ヴォング戦争で命を落としており、チャックはハンド帝国の指揮官になったがスウォーム戦争の頃には同じく死んでいた。子供たちのうち、もっとも成功した人生を歩んだのはジャグドである。優れたパイロットである彼は、ハンド帝国やチス・アセンダンシー、やがてはインペリアル・レムナントの指導者となった。彼女には他にもウィンサ・フェルセムという子供がいたが、彼らは影の子と呼ばれた、いわば一族を絶やさないための隠し子であった。

登場作品

Fel and Starflare

シャルとスーンティア・フェル

  • X-wing Rogue Squadron 23: In the Empire's Service, Part 3 (初登場)
  • X-wing Rogue Squadron 24: In the Empire's Service, Part 4
  • X-wing Rogue Squadron 25: The Making of Baron Fel
  • X-wing Rogue Squadron: Family Ties
  • X-wing Rogue Squadron 28: Masquerade, Part 1
  • X-wing Rogue Squadron 29: Masquerade, Part 2
  • X-wing Rogue Squadron 31: Masquerade, Part 4
  • X-wing Rogue Squadron 32: Mandatory Retirement, Part 1
  • Luke Skywalker and the Shadows of Mindor
  • X-wing: Iron Fist
  • X-wing: Solo Command
  • I, Jedi
  • 未来への展望
  • アイソアへの侵攻
  • レムナント
  • 逃亡者
  • 統合
  • Fury
  • Backlash

脚注

  1. カタカナ表記は『逃亡者』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki