FANDOM


「我らの同盟の前では、共和国も分離主義勢力も敵ではない」
―ダース・モール[出典]

シャドウ・コレクティヴ(Shadow Collective)はシス卿ダース・モールクローン戦争中にマザータルジンの指示を受けて設立した犯罪組織。戦争中、モールは権力基盤を形成するためマンダロリアンデス・ウォッチブラック・サンパイク・シンジケートハット・クラン、そしてナイトブラザーを味方に付けた。シャドウ・コレクティヴはデス・ウォッチによる惑星マンダロア征服作戦に力を貸し、サティーン・クライズ女公爵を失脚させた。その後モールはデス・ウォッチを率いるプレ・ヴィズラを決闘で破り、マンダロリアンの指導者の座を手に入れた。モールはアルメク首相に据え、マンダロアの政治を影から操った。

ボ=カターン・クライズナイト・アウル一派は余所者を指導者として認めず、コレクティヴから脱退して内戦を起こした。そんな中、モールはかつてのマスターであるシスの暗黒卿ダース・シディアスに敗北し、弟のサヴァージ・オプレスを失った。モールはスパイア刑務所に収監されたが、アルメクが派遣したマンダロリアン・スーパー・コマンドーに救出され、シディアスへの復讐作戦を開始した。シャドウ・コレクティヴはザンバーオード・マンテルグリーヴァス将軍率いる分離主義勢力と戦い、マンダロリアン小惑星前哨基地では銀河共和国の襲撃を受けた。その後モールはタルジンと合流し、ダソミアでシディアスやグリーヴァスとの直接対決に臨んだ。タルジンはこの戦いで命を落とし、シャドウ・コレクティヴは崩壊した。

登場エピソード

参考資料