FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

シャグリアン(Chagrian)は青い肌と角が特徴的な背が高い両生類ヒューマノイド知覚種族である。惑星シャンパラに起源を持っていた。彼らは頭頂部に2本の巨大な褐色の角があり、顔の両側から肩にかかる触手の先にも角が生えていた。シャグリアンは先がふたつに分かれた黒いを持っており、威厳を示すジェスチャーの一環としてちらつかせることがあった。銀河共和国副議長を務めたマス・アミダはシャグリアンだった。

銀河系におけるシャグリアン

銀河共和国の衰退期、マス・アミダという名のシャグリアンが銀河元老院副議長を務めていた。彼はフィニス・ヴァローラム最高議長を補佐し、ヴァローラムがナブー危機で失脚した後は、シーヴ・パルパティーン最高議長の副議長になった。分離主義危機のさなか、アミダはパルパティーンに非常時大権を与えるアイデアを提案した。ナブージャー・ジャー・ビンクスはアミダの提案を実行に移し、元老院の会議で動議を行った。クローン戦争終結後、アミダは銀河帝国皇帝となったパルパティーンに仕え続けた。帝国時代、アミダは皇帝の大宰相帝国ルーリング・カウンシルの長を務めた。

帝国時代、ソリライド採鉱惑星であるゴースチャーコという名のシャグリアンが住んでいた。彼は5、6人の悪党から成るギャング・グループ、“サルラックス”を率いていた。チャーコはゴースの工業地域にある“おんぼろ通り”でパイロットケイナン・ジャラスから金を巻き上げようとしたが、反撃に遭って角をへし折られてしまった。

登場エピソード

参考資料

他言語版