FANDOM


正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

シミ・スカイウォーカー・ラーズ[1](Shmi Skywalker Lars)は、惑星タトゥイーンに住んでいた人間女性で、知られている中で最も古いスカイウォーカー家のメンバーである。ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーの母親で、オーウェン・ラーズの義母だった彼女は、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナ・ソロの父方の祖母にあたる。彼女の曾孫の代には、ジェイナジェイセンアナキン(彼女の息子にちなんで名づけられた)、そしてベンがいた。ジェイセンの娘であるアラナ・ソロはシミ・スカイウォーカーにとって玄孫となる。さらに下の代には、ナトコルケイド・スカイウォーカーや、アニア・ソロといった子孫がいた。

幼い頃に海賊に捕えられて以来、シミ・スカイウォーカーは奴隷としての人生を歩んだ。41 BBY、彼女は父親のいない息子、アナキンを生んだ。彼女は息子とともにタトゥイーンのモス・エスパで奴隷として暮らし、ワトーのために働いた。32 BBY、アナキンが自由を手にし、ジェダイになるため去って行った後、シミ・スカイウォーカーはクリーグ・ラーズに売り渡された。ラーズは彼女を自由の身にし、妻に迎えた。クローン戦争の直前、スカイウォーカーはタスケン・レイダーに誘拐されて拷問を受け、助けに駆け付けた息子の腕の中で息を引き取った。

登場作品

参考資料

脚注

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki