FANDOM


正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「運命は変えられないの。夕日が沈むのを止められないのと同じ」
―シミ・スカイウォーカー[出典]

シミ・スカイウォーカー・ラーズ(Shmi Skywalker Lars)は銀河共和国衰退期に惑星タトゥイーンに住んでいた人間女性で、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーの母親。クリーグ・ラーズと結婚し、オーウェンの義母になった。ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナの父方の祖母で、レイアとハン・ソロの息子カイロ・レンにとっては曾祖母に当たる。

奴隷だったシミは、ミディ=クロリアンの意志によって妊娠し、父親のいない息子アナキンを出産した。彼女の息子は強いフォースを備えており、ジェダイの予言で「選ばれし者」とされる存在だった。シミとその息子はガーデュラ・ザ・ハットの手からジャンク屋ワトーの手にわたり、モス・エスパで奴隷生活を送った。ナブー危機のさなか、偶然タトゥイーンを訪れたジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンが幼いアナキンの才能を見出し、ポッドレース賭けで彼を奴隷主から解放した。アナキンがジェダイになるため故郷を去っていった後、ワトーはシミをクリーグ・ラーズに売り渡した。クリーグはシミを自由の身にし、妻として家族に迎え入れた。

クローン戦争の直前、シミはタスケン・レイダーの一団に誘拐されて拷問を受け、駆け付けた息子の腕の中で息を引き取った。アナキンは怒りに駆られてジェダイの道を踏み外し、母親をに追いやったタスケンを虐殺した。クローン戦争中、アナキンは惑星モーティスを訪れ、並外れた力を持つフォース使いサンによって母親のヴィジョンを見せられた。サンが創り出したシミの幻影はアナキンの恐怖心を煽り立て、愛する妻パドメ・アミダラの存在が、選ばれし者の運命を阻むことになると告げた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki