FANDOM


<シミター>(Scimitar)、別名シス・インフィルトレーター(Sith Infiltrator)はシス卿ダース・モールが個人用宇宙船として使用した重改造型スター・クーリエである。モールがナブーの戦いで敗北した後、<シミター>は彼の師匠ダース・シディアスのものとなった。帝国時代、シディアスは賞金稼ぎに<シミター>を貸し与え、盗まれた宇宙ヨットインペリアリス>を取り戻す任務にあたらせた。

特徴

シス・インフィルトレーター<シミター>はリパブリック・サイナー・システムズ社が製造したスター・クーリエの改造型である。全長26.5メートル(86.9フィート)の武装宇宙船で、船体後部に円形の艦橋コンパートメントを持ち、翼は展開式になっていた。武装は6門のレーザー砲で、船体を完全に透明化するクローキング装置を搭載していた。<シミター>の亜光速ドライブ・システムは珍しい高温型イオン・エンジンだった。[1]

<シミター>にはダース・モールFC-20スピーダー・バイクブラッドフィン>やDRK-1プローブドロイド[5]尋問ドロイド、諜報・偵察装置が積み込まれていた。[1]

歴史

Sith Infiltrator TPM

タトゥイーンに到着した<シミター>

<シミター>は秘密研究所でのカスタム化を経て完成した。[1]シスの暗黒卿ダース・モールは<シミター>を個人用宇宙船として使用し、マスターダース・シディアスに命じられればこの船でどこへでも赴いた。[2]ヤヴィンの戦いの32前、シディアスの陰謀によってナブーの侵略が発生した際、モールはパドメ・アミダラ女王の捜索に<シミター>を使用した。モールは捜索の末惑星タトゥイーンに行きつき、女王を探すため船からプローブ・ドロイドを放った。[5]

モールがナブーの戦いジェダイパダワンオビ=ワン・ケノービに敗れた後[5]、<シミター>はダース・シディアスの所有物となった。クローン戦争中、シディアスはモールの生存を知り、グリーヴァス将軍と共に<シミター>に乗って惑星ダソミアへ赴いた。彼らはこの星でモールやマザータルジンと戦った。

シディアスは銀河帝国皇帝となった後も<シミター>を所有し続けていた。<シミター>はインナー・リムのどこかにある帝国施設729-Dに保管され、ドロイドのO-66によって管理されていた。ホスの戦い以前、シディアスは盗まれた個人用ヨットインペリアリス>を取り戻すため賞金稼ぎシャナス・シャーを雇い、任務用に<シミター>を貸し与えた。

帝国時代大尋問官が搭乗したTIEアドバンストx1のプロトタイプ(v1型)は<シミター>をベースに設計されていた。[1]

登場エピソード

Scimitar views

<シミター>

参考資料

脚注

他言語版