FANDOM


「シストロス。太古の哲学者、ドワーティの四賢者のひとりだ」
―パルパティーン[出典]

シストロス(Sistros)はドワーティの四賢者の1人に数えられていた銀河共和国時代初期の人物である。共和国末期、シーヴ・パルパティーン最高議長オフィスにはブロンジウム製のシストロス像が飾られていた。シストロスの像は内側がニューラニウムでできており、パルパティーンのライトセーバーの隠し場所として使われていた。クローン戦争終結後、銀河帝国皇帝となったパルパティーンはインペリアル・パレスの自室にシストロス像を移した。

制作の舞台裏

Dwartii Statues Visual Encyclopedia

『ビジュアル・エンサイクロペディア』より。『コンプリート・ロケーションズ』では右端がシストロスになっている

スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ』では、パルパティーンの私的オフィスの入り口右側に置かれている像がシストロスとして紹介され、他の四賢者像は名前が特定されていない。しかし四賢者像を全て名前付きで紹介している『スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア』では、先述の像はヤンジョンとなっており、円形の公式会談オフィス内に飾られている像のうち1つがシストロスとされている。本サイトでは後者を正式な設定として紹介している。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版