FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

シスタヴァネン[1](Shistavanen)はそのオオカミのような外見から、ウルフマン(wolfmen)とも表現されることがあった2足歩行の種族ユヴィーナ・プライムユヴィーナIIIといった、ユヴィーナ星系の惑星出身。

特徴

ほとんどのイヌ科動物をベースとした種族と同様に、シスタヴァネンは顕著な鼻を持ち、鋭い鉤爪や長くとがった歯があり、耳は横ではなく、それぞれの頭の上に付いていた。シスタヴァネンはまた大きく輝く目を有し、そしてかわるがわる2足か4足を使い、長期間素早く、疲れることなく疾走することが出来た。ハンターの種族であると考えられ、鋭い聴覚、鋭い嗅覚、非常に優れた夜間視力を持っていた。また、シスタヴァネンの治癒能力は、そこそこの怪我ならばすぐに、より大怪我ならば数日で彼らを回復させることが出来た。

一般的なシスタヴァネンの名前

  • シャーリア・レク(Shaalir Rech)
  • シラル・ロスク(Sirul Rosk)

歴史と文化

シスタヴァネンはユヴィーナ星系の惑星、ユヴィーナ・プライムに起源を持っている。自然的な進化に加えて、シスタヴァネン族は道の遺伝子工学者たちによって形作られていった過去を持つ。

シスタヴァネンは種族として孤立主義者の傾向を持っていた。その実例として、シスタヴァネンたちはユヴィーナ星系にあったまだ誰も住んでいない惑星に入植し、非シスタヴァネンである外界からの移住者たちの入植を防ぎ、貿易を制限する法律を持っていた。その法は、外界の貿易者より自分たちの種族を好むと明言していたわけではなかったものの、実際シスタヴァネンはシスタヴァネンでない者とあまり関わりあわなかった。彼らのほとんどは銀河系のものと似たテクノロジーを使用していたが、ユヴィーナ・プライムに住む少数の何人かは、高度でないテクノロジーを使用していた。

LakSivrak

シスタヴァネンのスカウト、ラック・シヴラック

少数のシスタヴァネンは故郷を去って銀河系のハイパーレーンを旅していた。こうしたシスタヴァネンも、個人で活動するか別のシスタヴァネンとともに行動をし続けていた。彼らは一般的に、生まれ持った鋭い聴覚や嗅覚、卓越した視力などの捕食本能のために、スカウト傭兵賞金稼ぎといった職業へとありついていた。彼らはもともと孤立主義の文化に属していたため、周囲の人々からは見慣れぬ存在であり、また、捕食動物的な外見がほかの種族に不安を抱かせるため、非シスタヴァネン種族の多くはシスタヴァネンにひどい反応を示した。

皇帝パルパティーンによる統治の間、銀河帝国には非人間種族を排他するニュー・オーダーの思想があったにもかかわらず、帝国のエージェントはしばしば反乱分子やその他の犯罪者を探し出すためにシスタヴァネンを使用していた。

主なシスタヴァネン

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki