FANDOM


この記事は秘術を扱っています。 あなたが探しているのはシス魔術かもしれません。
「秘術を通せば、フォースを使って物理的な変化を与えることができる」
ソーザス・シン[出典]

シスの秘術[1](Sith alchemy)は、フォースの秘術(Force alchemy)という呼び名でも知られた科学の一種で、主にシスが数多くの分野で用いていたものを指す。フォースのダークサイドの力により、無生物あるいは生物を変化させる術などが存在した。

歴史

Sith monsters

シス錬金術で創り出された獣たち:シスの戦いのベヘモットシス・ウォー・ワームクリザリッドランコア

ジェダイ追放者惑星コリバンに到達する遥か以前から、シス純血種はシスの秘術を実践し続けていた。百年の闇の後、シス種族と接触した追放者たちはついにその秘術を完成させ、ソーザス・シンは、恐るべき怪物リヴァイアサン創造に関する記述を年代記に残した。

シスの秘術は、おもに武器や装甲服(たとえば有名なシスの剣など)の強化や、エイリアン種族の遺伝子操作及び、能力増進のために使われていた。この遺伝子操作によって凶暴性を増した生物は、シス卿にとってより扱いやすい存在となった。他にも死者を再び甦らせ、シスのしもべとする邪悪な術も存在した。コリバン・ゾンビシス・アンデッドなどは、おそらくシスの秘術から派生した術によって創り出された。

シスの暗黒卿ナガ・サドウは、シスの秘術に関する多くの記録を残した。これらの知識を学んだセヴィス・ヴァーは独自の研究の結果、ついに世界の下からやってきたベヘモットを誕生させた。また、外来生物学者たちの中には、ヤヴィン8の原住民メロディがシスの秘術によって生み出された種族なのではないかと考える者もいた。

シスの暗黒卿エグザ・キューンは、衛星ヤヴィン4で秘術を用い、フォースのダークサイドの力で歪められたおぞましいクリーチャーを創り出した。またこの頃、タンドの魔術師カーナック・テツもシスの秘術を学んでいる。

かの有名なダース・プレイガスは、暗黒の妙術のマスターであった。その弟子だったダース・シディアスは、『怪物の創造』の表題を付けられたシスの秘術に関する著作を著し、シャドウ・ドロイドクリザリッド・ビーストなどといった怪物の創造に手を染めた。ダース・シディアスはまた、自身の本来の素顔を隠すためにマスクと呼ばれる秘術を用いていたとも言われている。

ダークサイドの預言者クロナルは、シディアスの“モンスター=メーカー”とも呼ばれており、シスの妙技を駆使してゴークピカルーン・C・ブードルなどといったシススポーンを数多く創り出していた。またクロナルの創った特別なヘルメットは、フォースの力を遥かに増大させるばかりか、他のフォース=センシティブからの力を引き出すことも可能とさせた。

銀河内戦の最中、シスの亡霊ヴァリク・コダンクは、ダーク・ジェダイサウム・リストラにシスの秘術の妙義を伝授した。リストラはその知識を使って痛みの聖堂変化の間を調べ、海賊のブラスコーワカムティス・ボーネイヴォビン・ソボスデスヴィン・トーサルらをその実験対象に選んだ。

登場作品

  • Dawn of the Jedi: Into the Void
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 3: Descent to the Dark Side (言及のみ)
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 4: Death of a Dark Jedi
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 5: Sith Secrets
  • Star Wars: The Old Republic (言及のみ)
  • Knight Errant (言及のみ)
  • Darth Bane: Path of Destruction (言及のみ)
  • Darkness Shared (言及のみ)
  • Darth Bane: Rule of Two
  • Darth Plagueis (言及のみ)
  • Shadows in the Force
  • WEG icon2 "The Monster Maker"—Star Wars Gamemaster Screen (間接的に言及)
  • Luke Skywalker and the Shadows of Mindor (言及のみ)
  • Light and Dark (言及のみ)
  • Crosscurrent (言及のみ)
  • Fate of the Jedi: Ascension (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 30: Vector, Part 11 (言及のみ)

参考資料

脚注

関連項目

ライトセーバー
コンバット:
デュエル · ドゥン・メヒ · ファースト・スタイル · ミディアム・スタイル · ストロング・スタイル
フォーム・“ゼロ” · 騎乗戦闘 · ジャーカイ · ソカン · 防御の3つの輪 · トリスプゼスト · トラカタ
戦闘フォーム:
I シャイ=チョー · II マカシ · III ソレス · IV アタル · V シエン/ドジェム・ソ · VI ニマン · VII ジュヨー/ヴァーパッド
バリエーション:
クロスガード・ライトセーバー · カーブド=ヒルト・ライトセーバー · デュアル=フェイズ・ライトセーバー
ダブル=ブレード・ライトセーバー · インペリアル・ナイト・ライトセーバー · ライトクラブ · ライトフォイル
ライトウィップ · ロング=ハンドル・ライトセーバー · ライトセーバー・パイク · プロトセーバー · セーバーケイン
ライトセーバー・ショート / ガード・ショート · トレーニング・ライトセーバー / シス・トレーニング・セーバー
ライトセーバー抵抗物質:
アーマーウィーヴ · コートシス · ダークソード · フォース・ウエポン · マンダロリアン鋼
ニューラニウム · オーバリスク · フリク · シスの秘術 · ウルトラクロム
[edit]


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki