FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「シスが再び銀河を支配する!そして平和が訪れるのだ」
ダース・シディアス[出典]

シス(Sith)は、正式にはシス・オーダー(Sith Order)として知られた、フォースダークサイドを使うフォース感応者のオーダー(騎士団)である。銀河系の覇権を狙っていたシスは、ジェダイ・オーダーとの間に1,000以上に及ぶ長い確執の歴史を持ち、幾度も戦争で対立していた。

歴史

古代

クローン戦争の数千前に創設されて以来、シスはジェダイ・オーダーと敵対関係にあった。初代のシスは、フォースダークサイドを学んだジェダイのはぐれ者だった。シスは奴隷の力を利用して帝国を築き上げ、銀河系の支配権をめぐって何度もジェダイと戦争を行った。当時、シスは巨大なカイバー・クリスタルを利用した大型超兵器を建造していた。また、銀河帝国誕生の6千年近く前、シスは惑星コルサント神殿を建てた。ここには莫大なダークサイドの力が集まるようになった。その後、ジェダイはシスの力を押さえつける目的で神殿の上にジェダイ・テンプルを建築した。シス・オーダーの伝統的な母星は、赤い砂の惑星モラバンドだった。シスは度重なる戦争の末、故郷を放棄した。

権力を手に入れるための戦いは、最終的にシスを壊滅に追い込んだ。ダークサイドの力は、シスを互いに対立させたのである。シスの人数は減っていき、最終的にジェダイによってほとんど滅ぼされてしまった。戦いを生き延びたシス卿ダース・ベインは、シスによる内紛を未然に防ぐため、2人の掟と呼ばれるルールをつくり、同時期に存在するシスの人数はふたり(師匠弟子)までと定めた。

再台頭と復讐

それから1,000年の間、シスはジェダイに知られることなく密かに存続した。彼らはダークサイドの知識を教え継ぎながら、ジェダイ・オーダーに対する復讐計画を練った。やがてシスの教義は、シスの暗黒卿ダース・シディアスに受け継がれた。シディアスは表向きには銀河共和国のシーヴ・パルパティーン最高議長として活動し、分離主義運動クローン戦争を利用してシスの復讐を達成した。ジェダイ・オーダーを滅ぼした後、シディアスは共和国を銀河帝国へ再編した。

シディアスとその弟子ダース・ヴェイダーは、20年以上にわたって銀河系を統治した。しかし、ヴェイダーの息子であるルーク・スカイウォーカーが帝国の新しい脅威となった。オビ=ワン・ケノービヨーダからフォースの手ほどきを受けたスカイウォーカーは、第2デス・スターで父のヴェイダーを破った。シディアスはこの若者を新しい弟子にしようと企んだが、スカイウォーカーは誘惑を拒んだ。シディアスはフォース・ライトニングでスカイウォーカーを苦しめたが、息子の行動に心を突き動かされたヴェイダーが彼に刃向った。ヴェイダーの命がけの抵抗で皇帝は滅び、知られているシスは全滅した。

主な登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki