FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「共和国は創設以来、全面戦争を経験しておりません」
―シオ・ビブル[出典]

シオ・ビブル(Sio Bibble)は人間男性で、惑星ナブー総督ナブー王室顧問評議会のメンバーでもあった。彼の在任中、銀河元老院の新税に抗議したトレード・フェデレーションがナブーを侵略した。フェデレーションの部隊はパドメ・アミダラ女王とビブルを捕え、女王に侵略を合法化する協定書への署名を求めた。女王はふたりのジェダイ・ナイトによって救出されたが、ビブルは惑星に残ることになった。アミダラが元老院から帰還した後、ナブーの民ボスナス率いるグンガンと手を結び、フェデレーションの占領軍と戦って勝利を収めた。アミダラが退位した後も、ビブルはジャミーラ新女王に仕えた。クローン戦争終結後、ビブルはアミダラの葬儀に参列した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。