FANDOM


SiaLanWezzHumanJediGuardian
シア=ラン・ウェズ
人物の情報
誕生

47 BBY

死亡

19 BBYケッセル

身体の情報
種族

人間

性別

女性

身長

1.6メートル

髪の色

茶色

目の色

肌の色

白色人種

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属
師匠

ロー=ジャッド

シア=ラン・ウェズ(Sia-Lan Wezz)は人間女性で、銀河共和国末期のジェダイ・ナイトジェダイ・マスターロー=ジャッドパダワンだったウェズは、クローン大戦では将軍として戦った。彼女は多くのジェダイが命を落としたオーダー66を生き延び、ケッセルの秘密会議に参加した。ジェダイの生存者たちの前にシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーが現れると、ウェズは真っ先に彼に挑戦したが、敗北して命を落とした。

経歴

ジェダイ・パダワン

WookieeToss

狭い部屋の中でT4タレット・ドロイドと戦うウェズ、ローウォア、ヴォレン・カーン

人間女性、シア=ラン・ウェズは、幼い頃にフォース=センシティブとしての能力を見いだされ、惑星コルサントジェダイ・テンプルへと連れられた。彼女はテンプルのジェダイ・アカデミーで、フォースの教義について訓練を受けた。数間の訓練を終えた後、ウェズはジェダイ・マスターロー=ジャッドパダワンに選ばれる。マスターのもとで一人前のジェダイになるための訓練を続けるため、彼女は銀河系の各地を旅した。13歳の誕生が過ぎた後の33 BBY、ウェズはコルサントを拠点とするテロリスト組織、フレイルについて調査する任務を与えられた。ウェズはウーキーと手を組んで組織のメンバーたちと戦うことになったが、任務を成功させた。32 BBY、マスター・ロー=ジャッドはウェズを惑星ナブーへ送り、彼女はシードにある王室学習院で1学期のあいだ勉学に励むことになった。校長ルコス・ダントと親しくなったウェズは、トレード・フェデレーションがナブーを封鎖したときも、この惑星にいた。フェデレーションによる侵略が行われる中、ウェズは侵略者による支配を覆すため行動を起こした抵抗組織、ナブー・アンダーグランドに加わった。彼女は抵抗運動の中でディール・サルールローウォア、そして同じパダワンのラン・アイ=カヌーと知り合った。ウェズはフェデレーションが敗北した後まもなくナブーを離れたが、新しい仲間たちとの繋がりは保ち、その後のいくつかの任務でも彼らと協力することになる。

パダワン時代、彼女は青、ピンク、黄色、そして緑の刃のライトセーバーを使っていた。そのため、彼女は複数のライトセーバーを持っていたか、あるいは複数のライトセーバー・クリスタルを使用していたと思われる。パルパティーン元老院議員最高議長に選出された後、ウェズは隠されたシス・テンプルを見つける任務を与えられ、ローウォアやヴォレン・カーン、ディール・サルールとともに雪に覆われた惑星プルーアンに派遣された。彼女たちはダークサイドの獣や熱狂的信者が住んでいる可能性のあるテンプルの廃墟を発見し、パルパティーンやジェダイ最高評議会にそれを報告した。その後、ウェズはナイト昇格のための試練に備えて訓練を積み、いくつかのテストを合格してジェダイ・ナイトになった。

ジェダイ・ナイト

Sian-lan wezz

シア=ラン・ウェズ

クローン大戦勃発する直前、ウェズと仲間たちは惑星コレリアへと旅し、分離主義者によるコルラグアラスター・トリーン議員暗殺計画を阻止した。その後、ウェズとローウォア、カーン、サルールは頻繁に行動を共にするようになった。彼女たちは、バトル・ドロイド・コマンダーとの戦闘やロイヤル・ハット・ホテルにおけるバウンティ・ハンターの活動の調査、タトゥイーンにおけるタスケン・レイダーとの遭遇、アクアリッシュローディアンのギャングとのカンティーナでの戦闘、バトル・ドロイド駐屯軍からの逃走、コリコイドが運営するケッセルのスパイス鉱山刑務所からの脱出、廃棄された武器倉庫でのジャワによる待ち伏せ、グラムボッグ軍将宇宙ステーション要塞におけるブラスター砲台との戦闘など、数多くの任務でともに行動した。

彼女たちは任務で成功をおさめ、最高議長のオフィスから直接指令を受け取るようになった。ナブーで敗北したトレード・フェデレーション軍団の兵器類を回収した共和国の宇宙船が姿を消すと、ウェズたちはその調査任務に派遣された。彼女たちはクエン宇宙ステーションにたどり着き、そこで再起動されたバトル・ドロイド数体を倒した。また、彼女たちはコラーンコア・ワールド最初の共和国撤退惑星となるのを阻止する任務にも着手した。ローウォアのチームは、この小さな工業惑星における分離主義勢力の活動に関するうわさを調査し、ドロイド製造工場を発見した。

ジェダイの大粛清

Sia-Lan Wezz death

ヴェイダーに殺されたウェズ

クローン大戦が終結した時点で、シア=ラン・ウェズは熟練のジェダイ・ガーディアンになっていた。19 BBY、パルパティーン最高議長が発令したオーダー66によって、ジェダイはクローン・トルーパーから命を狙われることになった。ウェズはこの攻撃を生き延び、同じく生存者のマスター・シャデイ・ポトキンの接触を受け、惑星ケッセルで開かれたジェダイの会合に参加することになる。銀河帝国誕生から1か後、廃棄されたケッセルのスパイス鉱山で開かれたこの集会には、ウェズとポトキンのほかに、マキスシャラスロブリオ・ダーテツイ・チョイバルター・スワンコフィ・アラーナジャスタス・ファーたちが参加し、パルパティーン(その正体は、シスの暗黒卿だった)に対してどういった行動を取るべきかが話し合われた。しかしポトキンは、仲間たちに秘密でシス卿ダース・ヴェイダーを会合におびき寄せていた。ポトキンは、ジェダイが束になってシスを倒すことで、帝国に終わりをもたらそうと考えていたのである。ヴェイダーがジェダイの生存者たちの前に姿を現すと、ウェズはライトセーバーを起動して真っ先にヴェイダーに挑みかかった。しかし彼女は暗黒卿には歯が立たず、ライトセーバーで胸を貫かれた後、右手を切断され、命を落とした。ウェズの後、会合の他の参加者たちも彼女と同様にジェダイの大粛清の犠牲となった。

登場作品

  • WizardsoftheCoast "Shadows of Coruscant"—Roleplaying Game Core Rulebook (初登場)
  • WizardsoftheCoast "Peril on Naboo"—Secrets of Naboo
  • Battle for Theed
  • Star Wars: Purge

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki