FANDOM


ザ・ワンズ(The Ones)はモーティスに住んでいた強力なフォース使いの一家である。彼らはジェダイでもシスでもなく、それ以上の存在として言い伝えられており、自らを「力の守り手」と称していた。フォースのダークサイドの化身サンライトサイドの化身ドーター、ふたりの父ファーザーから成った。[1] 子どもたちの強大な力が銀河系に破滅を及ぼすことを危惧したファーザーは、ふたりを聖域モーティスに閉じ込めていた。

概要

ザ・ワンズは強力なフォース使いの一家だった。彼らに寿命は存在せず、自由自在に姿を変化させる能力を持っていた。また、彼らは相手のライトセーバーの起動と収納を自在に操作する事ができ、意識の外でなければ、その刀身に触れても無傷でいる事さえ可能だった。彼らを滅ぼす方法はモーティスの祭壇に納められた剣だけである。彼らはクローン戦争の時代まで聖域モーティスに住んでいた。モーティスはワイルド・スペースクレリシアム星系に浮かぶモノリスに内側に存在した、他の場所と隔絶された領域だった。[2]

歴史

ファーザーは子どもたちの余りに強大な力が銀河系に破滅をもたらすのではないかと懸念し、ふたりを聖域モーティスに閉じ込めた。しかし、サンは父親のやり方に不満を募らせ、銀河に自分の力を解き放ちたいという野望を抱くようになった。クローン戦争中、“選ばれし者”とされているジェダイアナキン・スカイウォーカーがモーティスにやってきたことで、フォース使いの一族の関係に変化が生じることになった。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。