FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ザッカス(Zuckuss)は男性ギャンドで、銀河内戦期に活躍した賞金稼ぎ。もともと惑星ギャンドの“捜索者”だったザッカスは、長い伝統を持つ神秘的な人探しの術を身に着けていた。故郷の人探しの術が廃れ始めると、ザッカスは惑星ギャンドを出た最初の捜索者の1人となり、その不思議な能力を賞金稼ぎの稼業に役立てた。ザッカスの能力は同業者すら不安にさせたが、4-LOMはまったく意に介さなかった。そのため、ザッカスはしばしばこのプロトコル・ドロイドの賞金稼ぎとコンビを組んで活動した。

ヤヴィンの戦いの直後、ザッカスはブラック・クルルサンタンIG-90デンガーシャナス・シャービーボックスC-21ハイシンガーらとともにシス卿ダース・ヴェイダーからドクターチェリ・ローナ・アフラの捜索任務を依頼された。ホスの戦いの後、ザッカスは再びヴェイダーから仕事の依頼を受ける。彼は4-LOMやボスクデンガーボバ・フェットIG-88らとともにヴェイダーの旗艦であるスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に集まり、反乱同盟軍の宇宙船<ミレニアム・ファルコン>を追跡するよう命じられた。この任務を達成して賞金を受け取ったのはザッカスではなくボバ・フェットだった。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。