FANDOM


ZasmKath
ザスム・カッス
人物の情報
死亡

10 ABYナー・シャッダ

身体の情報
種族

人間

性別

男性

年代と政治的な情報
時代

新共和国時代

所属
師匠

パルパティーン

ザスム・カッス[1](Zasm Katth)は、皇帝パルパティーンに仕えたダークサイド・エリートバッドン・ファスとともに、スター・デストロイヤーインヴィンシブル>やストームトルーパー部隊を指揮した。

経歴

ダークサイドの達人であるザスム・カッスは、クローンの肉体で復活した銀河帝国皇帝パルパティーンに仕えた、ダークサイド・エリートのひとりだった。10 ABY、カッスはレイア・オーガナ・ソロを生け捕りにする任務を与えられた。オーガナ・ソロは、皇帝が求めるジェダイを身ごもっており、皇帝のものだったホロクロンを手にしていた。カッスは、同じダークサイダーバッドン・ファスとともに、衛星ナー・シャッダに赴いた。カッスとファスは、バウンティ・ハンターボバ・フェットを脅し、帝国のために無償で働くよう要求したが、逃げられてしまった。

ダークトルーパー部隊から連絡を受け、カッスとファスはシャグ・ニンクスが所有する修理工場スペースバーンに向かった。ここに、オーガナ・ソロの夫ハン・ソロ宇宙船、<ミレニアム・ファルコン>が現れたのである。ナー・シャッダの通りを進んでいる途中、カッスとファスはフォース使い手の存在を感じ取った。ナー・シャッダには、ジェダイの老婆、ヴィマ=ダ=ボーダが姿を隠していたのである。ファスの命令でグラースが付近の住民を虐殺したが、結局ヴィマ=ダ=ボーダは逃げ延びていた。

カッスとファスは、ナー・シャッダ軌道インペリアル級スター・デストロイヤー、<インヴィンシブル>に戻った。その後、ふたりはマコ・スピンスから<ファルコン>の居場所を報告された。ファスの命令で<インヴィンシブル>のトラクター・ビームが起動されたが、<ファルコン>はナー・シャッダの管制塔の裏に隠れ、ビームを免れた。<インヴィンシブル>は崩壊した管制塔をトラクター・ビームで引き寄せ、それと衝突してしまった。制御を失った<インヴィンシブル>は墜落し、カッスとファスも命を落とした。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ・ユニバース』では綴りが「Zasm Kath」になっている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki