FANDOM


「こいつらはチョロすぎるわな。賞金が安すぎる」
―賞金稼ぎ[出典]

ザグ・タシク(Zug Tassik)はトランドーシャン男性で、銀河共和国末期に活動した大量殺人犯。生を問わず800,000クレジットの賞金を懸けられていた。クローン戦争中、惑星タトゥイーンモス・アイズリーカンティーナに集まった賞金稼ぎたちは、ホログラムの賞金首手配リストをめくって次の獲物を吟味した。彼らは賞金が安すぎるという理由でタシクの手配書を無視し、最終的にダソミリアンザブラクの高額賞金首サヴァージ・オプレスの手配書を発見した。

登場作品

参考資料