FANDOM


サーン・プライム[1](Sern Prime)は、ゴーマンの近くにあったサーン宙域惑星である。コロニー・リージョン内のサーン・プライム星系に属した。サーン・プライムの統治者は、大統領の称号を与えられた。

歴史

クローン大戦の時代、ファング・ザー元老院議員が、故郷であるサーン・プライムの代表者として銀河元老院に出席していた。彼のヘアスタイルは、サーン・プライム・トップノットとして知られるものだった。

クローン大戦中、サーン・プライムはある種の論争に巻き込まれ、それは大戦終結後にまで持ち越されることになった。当時、サーン・プライムでは新しい大統領が選出されていた。パルパティーンによるニュー・オーダー宣言の後、サーン・プライムは惑星キャッシークエニスカと並び、銀河帝国に対抗するモン・モスマの活動に参加していた。ザー議員は、共和国末期にパルパティーンに反対の声を上げた2000人の議員のひとりだったのである。ザーがダース・ヴェイダーによって殺されると、サーン・プライムの大統領は帝国元老院から代表団を撤退させると宣言した(これは、サーン宙域の代表議員がのちにゴーマンから選出されるようになった原因かもしれない)。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki