FANDOM


ThermalShields-CaM

インヴィンシブル>のサーマル・シールド

「貴様らのチャチな魚雷でサーマル・シールドは破れん!」
―トレンチ[出典]

サーマル・シールド(Thermal shield)は偏向シールドの一種で、トレンチ提督旗艦インヴィンシブル>に搭載されていた。サーマル・シールドに攻撃が当たると、衝撃は緑色のエネルギー膜に吸収された。

特徴

標準的な偏向シールドと同様、サーマル・シールドもレーザーミサイルの攻撃を偏向することができ、複数の魚雷が同時に直撃してもびくともしなかった。内側から放たれた実体弾も阻まれてしまうため、自艦から魚雷を発射する際にはシールドを解除する必要があった。一度解除したシールドは充電しなければ再起動することができなかった。

歴史

トレンチ提督が指揮した独立星系連合プロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーインヴィンシブル>はサーマル・シールドの発生装置を搭載していた。クリストフシス封鎖に参加した際、トレンチ提督は銀河共和国の試作型ステルス・シップから放たれた魚雷をサーマル・シールドで防御した。彼は追尾魚雷を放つためサーマル・シールドを解除したが、ステルス・シップに乗るアナキン・スカイウォーカー将軍は魚雷を引きつけたまま<インヴィンシブル>をかすめ飛び、無防備なブリッジに魚雷を直撃させた。

登場エピソード