FANDOM


MR T Lah 
サヴォング・ラ
人物の情報
死亡

28 ABY[1]エバック9[2]

身体の情報
種族

ユージャン・ヴォング[3]

性別

男性[3]

身長

1.96メートル[3]

髪の色

[3]

目の色

[3]

年代と政治的な情報
時代

ニュー・ジェダイ・オーダー時代

所属
ドメイン

ドメイン・ラ

サヴォング・ラ[4]Tsavong Lah)はユージャン・ヴォングの男性で、ユージャン・ヴォング戦争で戦った狂信的なウォーマスター。彼は所属する階級の見本となる熟練した戦士であり、最高大君主に告ぐ権力の持ち主だった。

侵略戦争中、彼は父親のチュルカンからウォーマスターの位を引き継ぎ、先攻部隊のあとに銀河系へと攻め入った。しかしサヴォング・ラは惑星アイソア荒廃を裏で指示したり、ライバルであるドメイン・シャイの失脚、そして戦争の鍵を握る主要な勝利を舞台裏から操作していたものの、26 ABYデュロの戦いの立役者となるまでは、公に姿を現さなかった。彼はやがてジェダイに対する復讐を行い、ユージャン・ヴォングと新共和国の市民の両方の間で悪名高い存在になる。

ラはジェイセン・ソロに負かされたことで、あらゆるフォース=センシティブをユージャン・ヴォングの手で始末しようとした。このためにニュー・ジェダイ・オーダーは多くのメンバーを失った。彼の行動はジーダイ信仰の誕生に間接的に関わることとなった。これはシェイムド・ワンの階級の間で広まった信仰で、衛星ヤヴィン4でラが葬り損ねた異端だった。彼の考えはすぐに双子のソロ、ジェイセンとジェイナの捕獲へと行き着いた。このウォーマスターはコア・ワールドまで進軍したことを祝福するため、彼らジェダイをユージャン・ヴォングの神々にささげようとしたのである。

ソロの双子は殺せなかったが、このウォーマスターは犠牲を払い続けて最終的に新共和国の首都コルサントを包囲し、この惑星の征服に成功した。この頃、司祭シェイパーの間でサヴォング・ラの移植物に関する陰謀が渦巻いており、この妨害のためラは一時的に前線から身を引くことになる。

ウォーマスター・ラの拡大した艦隊は、新共和国に多くの勝利を許してしまい、彼は資格を剥奪されてしまった。その後ラは指揮権を再び手にするが、彼の父と息子カリーが彼の立てた作戦で命を落としたために評判を落としてしまった。しかも、ユージャン・ヴォングが捕らえていたジェイセン・ソロもコルサントの自然に妨害工作をしたうえに、彼らのもとから逃げ去ってしまった。これは最高大君主シムラ・ジャマーンが首都に到着する前のことであった。

最高大君主シムラは個人的な復讐に刈られ、勝利にも犠牲を多く出すラを非難した。ラは銀河に残っている敵の防衛軍への攻撃を、戦士階級が回復するまで全て延期するよう命令された。充分な時間を手にした新共和国防衛軍とその情報部は、ウォーマスターを誘い出して殺す罠を創り出す。彼らはわざと間違った情報をユージャン・ヴォングの情報網へと流した。それを知ったラのライバル、エグゼクターノム・アノアは、この証拠を信じてディープ・コアの衛星エバック9への攻撃を提案する。敵の最後の砦を叩くべく、ラは大規模な艦隊を総動員してエバック9に攻め入った。だが、新共和国の大艦隊が彼らを待ち伏せし、ラも生き残ることをあきらめた。だが、死の道連れとして彼はジェイナ・ソロと決闘する。長年の宿敵ソロとの短いが激しい決闘に敗北し、ラは命を落としたのだった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

脚注

  1. The New Essential Chronology(邦訳『全史』)より。
  2. Destiny's Way(邦訳『運命の道』)より。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 The New Essential Guide to Charactersより。
  4. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

参考

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki