FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

サン・ヒル(San Hill)は銀河共和国の衰退期にインターギャラクティック銀行グループ会長を務めたムウン男性。彼は独立星系連合に銀行グループの支援を約束し、分離主義評議会のメンバーを務めた。クローン戦争が終結した際、サン・ヒルは評議会の他のメンバーと共に惑星ムスタファーシス卿ダース・ヴェイダー殺害された。

経歴

コア・ワールド惑星スキピオ出身のムウン男性、サン・ヒルは、インターギャラクティック銀行グループ会長を務めた。分離主義運動の時代、クローン戦争開戦が目前に迫っていた頃、サン・ヒルはジオノーシスで開かれた独立星系連合の幹部たちの会合に参加した。ヒルは連合の国家主席であるドゥークー伯爵に銀行グループが彼らの活動を経済および軍事的に支援することを約束した。ヒルは様々な経済カルテルの代表者によって構成される分離主義評議会のメンバーになった。サン・ヒルとドゥークー伯爵、ジオノージアンポグル・ザ・レッサーは、カリーシュグリーヴァス将軍サイボーグの戦士として生まれ変わらせる陰謀に加担した。

クローン戦争の末期、ヒルたち分離主義評議会のメンバーはアウター・リム・テリトリーの惑星ウータパウからムスタファーに移動した。独立星系連合の影の指導者であるシスの暗黒卿ダース・シディアスは、用済みとなった分離主義者の幹部たちを抹殺するため、ムスタファーに弟子ダース・ヴェイダー派遣した。ヒルはヴェイダーによってライトセーバーで切り殺された。

個性と特徴

大部分のムウンと同様、サン・ヒルも戦場に立つよりもビジネスや密室で行われる駆け引きに関わることを好んだ。彼は極めて影響力が高く、物事を思い通りに進めるためなら他者と共謀することも厭わなかった。サン・ヒルの身長は1.91メートルで、目は黄色く、肌は蒼白だった。

登場作品

参考資料

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
[テンプレート]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。